僕は名もない凡人でいたい

バイオリン 本 漫画 アニメ 旅行 映画 オペラ 文芸 絵……そして、日常。白血病闘病記も

骨髄検査の結果

2017年05月11日 | 闘病記
3カ月毎の血液内科受診。
骨髄検査の結果、血液上100%男性(XY)であった。
私の場合、異性の骨髄液を移植されたので、染色体判定によって移植の成否を見る。
体は女だけど、子宮と卵巣はなく(昨年摘出)、不足する女性ホルモンを投与されているけど、血液上は男、である。
生物的には歪みがあると思う。
それでもともかく、元気だ。

移植から4年と半年が経ち、病院の体制や施設も変わっていく。
1年毎の異動で主治医は何人も代わったが、回りまわって現在は、発病当時チームリーダーだった女性准教授である。

寄り添うような優しさと、穏やかな微笑み。
病に関わる厳しい話には、こちらが受け止められるまで、言葉を選びながら何度でも説明してくれた。
その目を見ると、多くの悲しみを知る人だとわかる。
それも他人の、である。
真の医者とはこういう人を言うのだろう。

ベーチェット病の友人が転院して1年位たつ。
彼女もかつての主治医を追いかけて転院したのだった。
内科や消化器科など複数の科を受診する難病患者にとって、転院は、病院側との交渉にかかる労力や時間、体調不安のリスクなど、様々な問題を乗り越えていかなければならないはずだ。
心身に不自由や苦痛を抱える中、理解ある医師ばかりではなかったと思う。
最近、連絡をとっていないけれど、どうしているかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嵐山トロッコと保津川下り | トップ | 嵐山【稲】のパフェ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

闘病記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。