御前崎市立図書館ASPALぶろぐ

職員のつぶやきや、本の紹介などを綴っていきます。
コメント歓迎!アスパルや本について忌憚なくお願いします。

製造工業の本

2017年07月23日 | 特集コーナー。
暑中お見舞い申し上げます。
日中も夜も暑い日が続いておりますが、みなさま、体調を崩されていませんか?
水不足も心配ですね
 
 
さて、館内の特集コーナーがかわりました
 
  
東館への通路では、製造工業の本を特集しています。
製造工業というと何だか難しそうなイメージですが、刃物からお酒、みんなが大好きな雑貨までを網羅したものづくりの本たちです。
環境月間、男女共同参画とかたいテーマが続いたので、でも楽しめる手に取りやすい本を選びました。
普段は少々奥まった場所の棚にある本たちですが、この機会にぜひ手に取ってみてください。
特集コーナーに並べた本以外にも、東館52番の棚にまだまだ本がありますよ~
 
 
また第157回芥川賞・直木賞が発表されましたね
受賞作品・候補作品は貸出し中のため、作家さんのこれまでの著書をカウンター前に集めました。
まだ単行本化されていない作品も多いですが、随時いれていきますのでいましばらくお待ちください。
 
  
医師としてだけでなく多方面で活躍されていた故・日野原重明さんの本は玄関からはいってすぐのところに集めました。
だいぶ数が少なくなってきていますのでお早めにどうぞ。
日野原さんの冥福をお祈り申し上げます。
 
 

y

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨とは名ばかり?

2017年06月16日 | いろいろ。
今年も東海地方の梅雨入り宣言が出されて一週間を過ぎました。

でも、降りませんね~。

水不足が心配。

すでに、大井川水系では取水制限がだされましたね。
今年の梅雨は後半に降るタイプではないかと言われているようですが、
雨が欲しい、欲しいといっても、あまりの大雨がどっと降るのもこま
ってしまいますよね。

「ちょうどうまく」というのは、なかなか・・・・。

日本人は雨が好きな人種のようですね。雨をテーマにした、文学など
芸術作品にはたくさんあります。

図書館には次のような本もあります。是非、読んでみてください。

『雨のことば辞典』
『雨の名前』
『梅雨前線の正体』
(東館:45の棚にあります)    K
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おめでたい話

2017年05月26日 | いろいろ。
先日の眞子さまの婚約報道に、驚きと喜びを抱いた人は多いのではないでしょうか。
私もその中の一人です
婚約内定は夏に正式発表されるようですが待ち遠しいですね

近頃は若い皇族の方々、、、特に
眞子さま、佳子さま、愛子さまを中心とした話題は事欠きません。
まだ幼い頃からのお姿をTVで拝見してきた私には、この度の報道は感慨深いものがあります。

でもでも、、皇族って一体、、??
どんな人たちなの?
学生時代、社会科で習ったような気もするけど、、、

そんな時はアスパルへ!
『本館39』の棚や雑誌コーナーソファの横に関連書誌がございます。

皇族の歴史や、時代と共に変化してきた制度を紐解いてみませんか。   

                                   am
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひょっこり

2017年05月16日 | いろいろ。
まるい地球の水平線に~♪
で、おなじみ【ひょっこりひょうたん島】の人形劇が
今週末、御前崎市民会館で開催されます!

図書館アスパルでもチケットを販売しておりますので、カウンターにいる職員に
お気軽に声をかけて下さいね(=゚ω゚)ノ


さて、小さい頃に読んだ本で妙~に記憶に残っている話ってありませんか?
私の場合、「影絵の本で…女の子がお腹を壊して病院に行ったら…
       お腹から自転車やら帽子やら出てくる話…だったような…」

といった内容うろ覚え、でも何か印象に残っている絵本があって
もう一回読んでみたいなぁと思っていました


そうしたら先日!ついに!その本と再会出来ました!!\(^o^)/


本の名前は【ママ、ママ、おなかがいたいよ】
     レミー・シャーリップ 作     絵本コーナー《シ》の所にありました


内容そのまんま!(笑)←
でも読み返すと当時を思い出したり、自分は小さい頃からこういう本が好きなのね…と
己を見つめ返したりと感慨深かったです

タイトルが分からなくてもいいんです、もちろん作者も
力の限りお探しの本を調べます、「こんな本あるかな~」と思ったらぜひ図書館へ(^^)

                                       f
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

断捨離

2017年05月09日 | いろいろ。
お天気に恵まれたGW、皆さんはどのように過ごされましたか?


我が家では、家族全員が揃った前半に断捨離をしました。

今までなかなか捨てられなかった物と改めて向き合ってみると、意外に捨てても大丈夫なものが多いことにびっくり

以前に比べだいぶすっきりした我が家・・・
夜遅くまで家事に追われていた私ですが、片付いたことにより、自分の為の時間が確保できるようになりました

どんな暮らしがしたいか思考の整理をして片付けをする、
ライフオーガナイズというのも最近では耳にすることが多くなりましたね

断捨離にハマってしまった我が家。まだまだ今後も理想の生活を求めて続きそうです


片付けと収納がらくになる仕組みづくり
ライフオーガナイズーもっと心地いい暮らし方ー / 主婦と生活社 / 本館32 597.5 カ

この他にもいろいろあります

皆様のご来館をお待ちしております。



                                 CM



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク(2017)

2017年05月02日 | いろいろ。
今年もゴールデンウィークの期間に突入しましたね。
アスパルは祝日も月曜日でなければ開館です。
職員にとっては毎年「大型連休?ナニソレオイシイノ??」みたいな感じでお仕事です。
接客サービスのお仕事をされている方は、多くの皆様がそのような状態ではないのでしょうか。

ということで、アスパルの開館予定は次のとおりです!

5月3日(水)開館 9時~17時
5月4日(木)開館 9時~17時
5月5日(金)開館 9時~17時
5月6日(土)開館 9時~17時
5月7日(日)開館 9時~17時
5月8日(月)休館
5月9日(火)開館 9時~19時


5月5日は金曜日ですが、祝日の予定が優先されます。
祝日の場合は、午前9時から午後5時までとなっています。
5日(金)の閉館時間は午後5時となりますので、ご注意ください。

観光などの行楽も楽しいけど、図書館でゆっくりするのもいいと思います!!
ご来館をお待ちしていますね。

(mk)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花便り

2017年04月27日 | 一般書。
もうすぐ4月も終わりです。
アスパルのアプローチや庭では、桜の次の花が咲き始めています。

まずはツツジ。

建物と駐輪場の間にある植え込みです。

毎年この時期をカラフルに彩ってくれています。
サツキはもう少し時間がかかりそうですね。

このツツジとサツキ。
オープン前の準備中に、図書館職員が造園業者さんと一緒に浜北まで苗を受け取りに行ってきたものです。
どうして行くことになったかは全然覚えていませんが、地面から苗木を黙々と掘り起こしたことは忘れられません。
図書館ってカウンターでお客様と本の受け渡しをするだけじゃなかったんです…。

『原色日本産ツツジ・シャクナゲ大図譜 増補』大田洋愛絵 富樫誠文(誠文堂新光社)479.9 ト
『サツキの育て方』(栃の葉書房)627.7 サ
『サツキのよくある質問』(栃の葉書房)627.8 サ
ツツジやサツキの本もありますので、興味のある方は探してみてください。


藤棚の様子も見てみました。
まだつぼみ半分といった感じですね。

『フジ(NHK趣味の園芸‐よくわかる栽培12か月)』川原田邦彦著(日本放送出版協会)627.7 カ

園芸の本は【東館51】、植物の本は【東館46】へどうぞ。
アスパルは連休中も月曜日以外は開館しますので、ご利用をお待ちしていますね。

(mk)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お弁当

2017年04月25日 | いろいろ。
  新生活が始まって、もうすぐ1ヶ月たちますね
  
  みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

  毎日、もしくは時々お弁当作ってる方もいるかと思います。

  私もその中の一人です。


  毎日のお弁当のおかず悩みますよね・・・


  前の晩のおかずの残りものを入れたり、前日に仕込みだけして
  朝揚げるだけにしたり、焼いたりと試行錯誤しながらつくってます

  アスパルにもお弁当に関する本があります。
  朝忙しくて、作る時間がないっという方にも
  時短に関する本もありますので、ぜひ、参考にしてみて下さい



    本館31の棚       (SU)  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旬の果物

2017年04月12日 | いろいろ。
最近いろんな所でイチゴのフェアをやっているのを見かけます

甘酸っぱい味もかわいい見た目も、今の時期にぴったりな果物ですよね

イチゴといえば、小さなころに連れて行ってもらったイチゴ狩りを思い出します

沢山食べようと意気込んで参加したものの、
実際はすぐにお腹いっぱいになってしまってあまり食べられなかったりして・・・

皆さんは、最高でどのくらいイチゴを食べれそうですか?


休日に家族と行く旅行先が決まってない方は、ぜひ行って挑戦してみてください


『イチゴ大事典』 農文協編  【東館51】626.2
『野菜&果物図鑑126-栄養と効能がギュッとつまった一冊!』 ファイブ・ア・デイ協会監修 若宮寿子監修 【東館49】M54
『果物の博物学-フルーツがもっと好きになる』 渡部俊三著  【東書庫36】625
『イチゴの絵本』(そだててあそぼうシリーズ 14) 木村雅行へん 杉田比呂美え  【本館2】626
 RS



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さくらさくら

2017年04月12日 | 一般書。
御前崎市内の桜、各所できれいに咲いていますね。
さくらまつりのときは「桜の花はどこ!?」だった「ぷるる」の桜も満開。
新野川橋のところは菜の花の黄色と桜の薄桃色がきれいですよね!

図書館の桜もただいま満開です。

いいお天気なので、写真を撮ってみました。
   
春の感じがちょっとだけでも伝わるといいなあ。

花と言えば団子!という方もいらっしゃいますよね。
綺麗な桜を愛でながら、宴会ではなくお茶と和菓子を楽しむのもいいよね、と思うのはアルコールが体質に合わない私だけでしょうか。
食べる方のお花は、たまには手づくりの和菓子というのはいかがでしょう。

『やさしい季節の和菓子』のむらゆかり著(日東書院)596.6 ノ【本館32】
『花の和菓子のつくりかた』金塚晴子著(淡交社)596.6 カ【本館32】
など、和菓子作りの本がありますので、この機会にぜひご覧になってみてください。

桜が楽しめるうちに、図書館アスパルへどうぞご来館ください。

(mk)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加