いっつものんびり暮らしたい

まだまだ新米4人家族。
兄妹の成長覚え書き。料理の防備録など。

授乳期に入院したから

2017-08-13 20:02:22 | 卵巣のう腫
手術中からの点滴で、普段より何倍も多く水分を摂取している状態でした。
その分、おっぱいも沢山作られてしまったんです(。>д<

手術後は傷よりも胸の張りのがゴリゴリと痛い事実!
痛み止めが効いてる間、飲ませることは出来ません。(背中からのお薬が終わって24時間後からは授乳OK。)
だから搾乳と言うよりは排乳する事になります。

あまり放って置くと乳腺炎の心配があるので、こまめに診て貰いました。
搾乳器では吸引が弱かったので( ´△`
看護師さん、助産師さん、大変お世話になりましたm(__)m


入院前から、ゆーちゃんは夜にミルクを少し飲むので落ち着いてました。
8ヶ月の今、下の歯も生えてきたので断乳も考えましたが助産師さんに「栄養は無くなっていくけど、月齢に応じた成分に変わる」のが母乳の良いトコロだと教えて頂きました。
離乳食が進むので栄養よりも消化に良いように成分が変わっていったりもするそうです。

私自身もまだ止めるのが寂しく感じちゃってるので、もう少しゆーちゃんが飲んでくれる内は…!


いっちゃんは離乳食が進んでもスゴいおっぱい星人でした(笑
ゆーちゃんは美味しいご飯!おやつ!って感じではあるので(笑
これからはミルクの分を元に戻して、水分補給くらいには飲んでくれそうですね(´ω`*


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手術日、翌日は誰かについて... | トップ | 往復40キロの空の旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

卵巣のう腫」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。