自由奔放な毎日

酒と旨いモノ楽しい仲間と暮らす日々を紹介。

かかりつけ医でないと余計な費用が?

2015-06-26 16:06:02 | 日記
医療費の削減が色々検討されているようです。
ここで言う医療費とは、私達が病院の窓口で払うお金の事ではなく、国が負担しているお金の事。
なので、私たち的には「医療費の増額」となります。
その削減案の一つに『かかりつけ医以外の病院に行ったら、別途費用を支払う』というものがあります。
何を以て『かかりつけ医』とするのかは判りませんが、もし1つの開業医を指しているのだとしたら事は大変です。
病気の多くは内科に診てもらえばいいのですが、怪我は内科の領分ではありません。
さらに年を取ると骨粗しょう症を始め、内科以外の病気まで出るようになります。
そう思っていたら、近所にめずらしい病院が開院していました。
先日買い物帰りに見かけたのですが、内科と外科の両方を診る開業医の病院があったのです。
場所は札幌市西区発寒。内科外科という珍しい文言が看板に出ていました。
ここなら『かかりつけ医』として最適かもしれませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分流でブラジャーを付けている方

2015-06-20 16:31:01 | 日記
人に教わることなく、自分流でブラジャーを付けている方は、それが正しいつけ方かどうか、今一度確認してみてちょうだい。
その使い方が間違っているからという所以で、バストのサイズダウンが起こっているのかも知れません。
きちんとしたやり方でブラをつけるのは、時間がかかり、案外手間ですし、面倒だと感じで当たり前といえるでしょう。
でも、日々つづけているうちに、少しずつ、バストアップの変化がみられるはずです。
好きな方法でブラジャー着用の人は付け方はあっていますか?間違ったブラの使い方のせいでバストアップが期待できないかも知れません正しくブラを着ることは手間暇かかりますが嫌な時もあるはずですつづけてみたら少しずつ大きくなると思います正確にブラジャーを装着すれば胸が上を向くのかどうか、バストアップが可能になることもありえます。胸というのは脂肪でありますので、正確な方法でブラジャーを装着しないと、お腹や背中に移動してしまうと思います。それとは別に、きちんとしたやりかたで、ブラジャーを装着することで、腹や背中の肉をバストにしようと思えばできるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊切さん、「テレビカメラ回ると大号泣」

2015-06-09 14:31:01 | 日記
連日報道されている歌舞伎役者・片岡愛之助さんと、
タレントの熊切あさ美さんの泥沼は局報道。
この件に関し、芸能レポーターの井上公造氏が熊切さんの態度に
疑問符を投げかけたとのことです。
井上氏は両者ともに直接連絡が取れるくらいに仲がいいとのこと。
今回の件に関しても二人と直接電話で話したそうです。
ただ、熊切さんに関して「僕としゃべるときには一切泣かないのに、
テレビカメラ回ると大号泣」とコメント。
「泣くと計算みたいに見える」とテレビでの号泣破局否定を批判したそうです。
熊切さんとしては、別れたことを事実として受け入れられていない状態が
3月からずっと続いているのかもしれません。
それほどタレントとして売れているという印象がないので、
70万円という家賃を払うには便利なサークルKのatmでキャッシング
しなければどうにもならないのでは?と少し勘ぐってしまいます。
愛之助さんはもう払っていないということなので、
どう生活しているのかちょっと気になりますね。
何とか早く立ち直って、別れたことを素直に受け入れて前を向けるといいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビタミンが

2015-06-09 11:21:01 | 日記
疲れの原因は・・・◇足は全身の体重をささえていますから、体質改善をしないと疲れが出て医師まします。
ビタミンを摂取しても、足がだるいといことがありますから、むくみが関係しているということがありますね。
マッサージをしながら足の機能を効率良く発揮させ、血液の流れをよくすることがとても良いので続けて頑張ってみることも良いでしょう。
必ず実感できるほど足が軽くなり体の疲れもなくなってくることになります。
フットワークが楽になり体の疲れもかなり楽になるということがあるので普段の生活の中で継続をして対策をすることが良いですね。
しびれや痛みなどマッサージをすることで効果が発揮できます。続きないとダメですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虚偽・誇大表示

2015-06-01 11:26:07 | 日記
消費者庁ではインターネットにおける【健康食品等の虚偽・誇大表示】の
≪監視業務≫を定期的に実施しています。
自社で取り扱う商材が万が一、消費者庁のキーワード検索に
引っかかってしまったら……!?
改善要請のメールが届くため、すぐに対応が必要となりますが、
それを怠ったると、都道府県からの「指導」や
「措置命令」につながってしまうことも……。
そうなると表示の適正化を求められるだけでけでなく、
『社名を一般に広く公開されてしまう』ことになるのです!
これらの情報はニュースで取り上げられることも多いため、
お客様からの信頼を失うことにもなりかねません。
まさに
【指摘されてから気づくのでは遅すぎる!】
ということが言えるのです。
そうならないためにも「事前の対策」は絶対に欠かせません。
本田式・強迫性障害改善プログラムの教材構成
コメント
この記事をはてなブックマークに追加