この小さな家で過ごした

それが正しいことだから

サプリを続けるという摂取方法

2017-07-23 16:44:42 | 日記
妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。

亜鉛が卵巣に働きかけ、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。

妊活中の女性以外にも、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。

精子が活性化することを助けてくれるんですね。

妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。

今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を試してみてください。

流産を経験しています。

ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、流産してから1年後くらい経つと、また、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、そこから妊活を始めました。

妊娠しやすい体になることを目的に、以前から冷え症に悩まされていた私は、苦手だった運動を始めました。

運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低体温が改善し、基礎体温が上がったので冷え性が改善したんです。

今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食生活以外に、葉酸を補給することを厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。

なぜなら、十分な葉酸を摂る事で神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。

サプリメントによる補給もおススメですが、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。

ですから無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を忘れないようにしてください。

妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。

病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。

とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方も少なくはないと思います。

もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。

葉酸は自然の食品にも含有しています。

例えばホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。

ですから、普段通りの食事をきちんと摂っていれば、多少は葉酸を摂れていたと思います。

皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。

葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。

しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。

一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。

妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。

とはいえ、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても欠かせない栄養素なんですよね。

こうした点から、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、赤ちゃんの授乳が終わるまでサプリを続けるという摂取方法がお勧めですね。

妊娠しやすい体を作る食べ物は、おとうふや納豆、魚などがあります。

卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、毎日の食事でとっていきたいものです。

また、栄養バランス良くさまざまな食材をとるのが理想であることは間違いありません。

そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、避けるようにしましょう。

「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。

しかし、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。

それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。

ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは女性の問題ばかりでなく、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。

原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。

そのため、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。

赤ちゃんを授かって産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、母親学級で指導された方も多いと思います。

このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。

レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。

はかには、野菜もそうですね。

こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、調理の際の加熱で失われやすいというリスクを理解し、葉酸摂取の計画を立てましょう。

ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。

ヨガを行う事で血の巡りが良くなり、深いリラックス効果を得ることが出来ます。

すると、自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスが整っていくのです。

妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。

自宅でも行えますし、軽い運動は代謝が上がりますし、柔軟な体を作ってくれます。

ですから、身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えます。

葉酸と言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。

また、葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリの利用を考える時には、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が25種類ほど配合したサプリを選べば、必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。

こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。

妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。

ですので妊娠を計画している女性は今から飲んでおくと安心です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酵素ダイエットの良い所 | トップ | 保存料などは刺激が強くかゆ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。