よみがえり主

 「イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。
 また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」(ヨハネ11:25-26)

---

 イエスの本質について。

 よみがえり、ということ。すなわち「いのち」を与えてくれるということ。
 イエスはもっぱら、そのことを私たちになすためにこの世に来られた。
 神の愛というのは、正にこのことを指すのだろう。神が罪深い私たちのために十字架に架かって死んで、しかも復活してくださった。これは、型である。
 その型に従わざるを得なくなって、私たちも死んでよみがえり、「いのち」を授かる。

 ところで私たちは確かに生きている。
 だがそれは、生物学的な意味においてのことにすぎない。
 人間としては死に続けているのである。
 それは魂の死のことで、多くの人は、そのこと自体に気がつかないし、気付かないようにすらしている。
 イエスは、そんな私たちによみがえりを与えようとしている。人間本来の生が回復されるためである。
 「いのち」とは、見かけとか言動、魅力、つまり外見上のことではなく、その人を真に生かす内側から湧き出る原動力についてのことだ。
 いいかえると、人様からどう映るか、ではなく、自分の内面がどのような方向性を持つようになったか、ということで、「回心」という言葉そのものである。

 イエスは、私たちを回心に導くための、いわば「よみがえり主」であり、そのことにイエスの本質がある。

---

[一版]2014年 8月23日
[二版]2017年 5月16日(本日)

 よろしければクリック下さい。
にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 復活という光 神に従うとは »