信仰ということ

 「あなたがたの信仰は、その試練によって本物と証明され、火で精錬されながらも朽ちるほかない金よりはるかに尊くて、イエス・キリストが現れるときには、称賛と光栄と誉れとをもたらすのです。」(1ペテロ1:7新共同訳)

---

 信仰とは、信じるものではなく信じさせられるものである。
 その、信じさせられるときに必ず通るのが、イエスの十字架と死と復活であり、この信仰へと至る道を切り開いたのはイエス自身である。
 つまり、イエスと同様、極刑とされて刑に服して死に、死から復活して信仰に至る。
 これが上の聖句に言う試練であり、かつてない苦しみを味わうこととなる。
 いただいた「いのち」は金銀よりもなによりも得難く、罪赦されて神からの責めはもうない。

 そうであるから、私たちが日常味わう試練は、ここでいう試練とは異なる。
 だが、救われた者が、その日常味わう試練に堪えやすくなることは確かだ。
 私たちは、イエスが救ってくれたほどの存在なのだ。これは観念上の理解ではなく根拠のある事実である。
 この事実を思い起こせば、大抵のことには堪えることができるのである。

 この十字架の道は狭い道であり、見つけようとして見つかる類のものではない。むしろ、イエスによって吸い寄せられるのである。
 パウロ(サウロ)も、自分から信じたのではない。強引に信じさせられた(使徒9:3)。
 恵みとはこういうもので、求めれば誰にでも機会がある。

---

[一版]2014年 2月10日
[二版]2015年 9月 6日
[三版]2017年 8月13日(本日)

 健やかな一日をお祈りします!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 消えない資産 自分の魂が救... »