Basic connection shy fair ladies

for selected persons, member of club K

組織の認識が遅れた。

2015-06-30 22:51:17 | 日記
何故、自分は組織という認識が遅れたか?
(1)個人の技量を見せたいという自己満足に陶酔していた。
(2)特に必要でもない協調性に完全壁が働いた。
(3)それほど仕事ができなくても別にかまわない、という認識がなかった。

何か勘違いしていたような気がする?
新しいゲームは sector game であり、この目的とゲーム手法の開発をしなければならな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

sector game

2015-06-30 22:32:33 | 日記
人間は組織で動くもので個人でできることなんてない。
その人たちに要求されるのは、
(1)それは協調性でもない。
(2)特に優れた仕事能力でもない。
問題は組織形態である。

その幼稚的モデルが、
(*)sector game
であり、もう中学の段階で認識していなければならなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

対人認識の変革について

2015-06-30 21:26:35 | 日記
自分の対人認識について、大規模な変革をしなければならない。
中学の佐々木がそうだったように目立つ人に対して意識が行ってしまうが、それは彼らがその人を持ち上げれば自分も甘い汁が吸えるというだけの、幻覚的相対的価値にしかすぎない。

誰をパートナーにするかは、まだ判断基準が定まっていないが、この辺のところの基本認識を明確化しないと、今後重大な支障をきたす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

意識改革:そんなことで本当に幸福なのですか?

2015-06-28 01:46:15 | 日記
自分の意識改革が進むたびに猛烈な恐怖感に襲われる。
まだまだ未熟な部分が多くあり、これからどうなるのでしょう?
今の意識改革は
(*)そんなことして本当に幸福なのですか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

話す相手は選びましょう。

2015-06-26 22:16:57 | 日記
自分の理解できないことはしない。
その一つに自分は付き合う相手を選ぶタイプなのに、誰とでも付き合えると思い込んでいたことである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

対応行動。想像力が必要

2015-06-26 11:11:30 | 日記
実際に対応行動を起こすにはアイデアがないと。
想像力があるかどうかである。
ではどうやって、想像力を身に着けるか?
(1)自分で考える
(2)人に相談する
(3)本、TV,DVD等で研究する

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人からどう思われたいは第2優先以下にしかならない。

2015-06-26 01:55:32 | 日記
自分の失敗は、
(*)第一願望を何にするか明確化しなかったことである。

自分の悪い癖、self concset,talk reviw,action reviw など有害フィードバックは、人からカッコよく見られたい、サプライズを取りたいといった、あまり意味のない願望を第一優先にしたため起きたことで、これはよくても第2優先以下にしかならない。

この悪い習癖で消耗してしまったのだ。
第一優先を何にするか明確にしておかないと時間の無駄である。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悪い精神習癖の摘出排除

2015-06-25 23:50:42 | 日記
自分が精神科なのは自分の中に悪い精神習癖があるのである。
それを摘出して排除していかないと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

対応放棄だけは避けたい。

2015-06-25 23:26:06 | 日記
自分が対応放棄してしまう原因のうちに
(*)対応が画期的でないと放棄していまう
癖がある。
対応は平均的あるいはそれなりので十分である。
放棄するのだけは避けたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

用は対応行動を起こせるか?放置してしまうのが最悪である。

2015-06-25 22:43:32 | 日記
大人であれば、それぞれの状況に対して対応ができないと。
必ずしも画期的であるということは必要ではない。
それなりので十分である。
万能の人間なんていないのだから。

用は対応行動を起こせるかどうか?
という問題である。
放置してしまうのが最悪の事態である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

対応遅延においての錯覚。

2015-06-25 22:22:50 | 日記
自分の対応遅延の中に、その時点では重要でない、あるいは難しくない、と思われることが実は本質的であったりするということである。
この事実は基本認識として受け入れないと今後重大な失敗を起こしてしまう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

考えが浅い。

2015-06-25 21:36:18 | 日記
今日、自分がなぜ行動を起こせなかったか後悔した。
対応遅延である。
認識遅延の次の段階である。
遅いのである。
そして、考えが浅いのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今からできることは?

2015-06-25 01:17:57 | 日記
今になってみると自分が如何にバカだったかわかる。
これからも、その馬鹿はいろいろ露呈してくるでしょう。
では、今になってできることは?
もう手遅れか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ズルいということに関してのリスクを背負えるか?

2015-06-24 19:03:00 | 日記
大人の論理はズルいものである。
しかし、ズルいということに関してはリスクを伴う。
自分はそのリスクを背負えなかったのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人の論理を楽しむ。

2015-06-24 18:35:03 | 日記
大人の論理と子供の論理は異なる。
賢い人間は大人の論理を楽しむことができる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加