有価選民 hiden hight sector

for selected persons, member of club K

企画牽引

2017-05-17 15:08:24 | 日記

自分の成長モデルは

(*)企画牽引

である。しかし、それほど多くは出来ないので、よく吟味して企画しなければならない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自然差異。企画至上主義。 | トップ | 企画牽引主義においては? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。