有価選民 hiden hight sector

for selected persons, member of club K

イニシアティブの規律

2017-03-21 17:32:59 | 日記

自分のやった negative smear で自分を不利に陥れているものは

initiative の発動否定である。

これはやめなければならない。

イニシアティブをとるグループを3つのレベルにわける。

(1)favorit group    ここでは気兼ねなく sugestion を行うべきである。

(2)workers group    嫌な事のあったグループである。small sugestion を機会を狙って出してみる。

(3)open group   samll sugestion ,  場合によっては chair man の代役可。

とにかく、全面否定は禁物。アイデアで規律を作って。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食生活の規律 | トップ | 価値のないもの、人は無視す... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。