ルチャリブレ 別館

単車、電動自転車、猫次郎・猫助の日常の記録やメモ。

CDもスイングアームのグリスアップ

2017-02-13 | HONDA CD125T
お題の通りリア廻りのグリスアップをしてみた。

購入以来、スイングアームは外したことはない。
セローK125の状態から考えると20才のCDは酷い状態であることは間違いない。




とりあえず、バラしておく。センタースタンドに木材等で下駄を履かすとタイヤを外しやすくなる。

最初はキレイに始めていたのだが、錆び付いているスイングアームのゴムブッシュが外れないところから、
工具が散らかってきた。スイングアームやマフラーステー等は案外錆びもなく状態は良かった。

外れないブッシュは当初は辻君に頼んで油圧プレス等で抜いて貰おうかとも思ったのだが、
シャフトの取り付ける車体側も錆びているので車体取り付け部、シャフト、ブッシュ共に、
出来るだけキレイに磨いてグリスアップするという作戦に切り替えた。

リアスプロケットを現在はCB125T用(42T)を装着しているのだが、
前期用(44T)の後期標準(45T)より1T少ないモノに変えるかどうか考え中。
これが終わればカブ110(走行2万キロ)もグリスアップしてみよう。





ガレージの並び替えを行った。ヘビー級以下ならもう1台位増車できるかもと思い始めている。

気になる単車は
・WAVE125i(カブと用途がかぶる)
・SR400インジェクション
・CB1100現行で 速すぎない4発
・PCX、トリシティー等の125~200位のスクーター(カブと用途がかぶる)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バッテリーが怪しい | トップ | バッテリーご臨終か。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。