ルチャリブレ 別館

単車、電動自転車、猫次郎・猫助の日常の記録やメモ。

東京堂 ビッグスロットルキット 試走

2017-07-28 | HONDA スーパーカブ110
試走した。i-mapは全域25%増量で。

試走の感想だが、カブなりに良くなりました。
片側2車線の長い上りでも後続車にそう気を使うことがなくなった感じ。
生活道路になっているような県道の上りでも(と言っても色々だが峠も)遅れることはない。

調子よく、いつもの野間の大ケヤキまで行った。
途中の峠もトンネルの直前では2速にダウンしたが、力強く上った。
今年の盆休日はカブでの日帰りツーリングで日本海を目指そうかと考えながら、
山口納豆で寄り道し、県道に出る直前に突然の失速、エンジンは掛からなくなった。





休みながら始動を試みるが、まったく初爆がなく、燃料ポンプは作動音がする。
またも、i-mapの配線かと思い自走を諦める。
初めてファミリーバイク保険はロードサービスが使えないことを知った。

引き上げはレンタカーか、単車屋か考えたが、距離が近いのとカブなので単車屋に来てもらうことにした。
軽トラで来るので料金が安いのを思いだしたので。

カブは山口納豆の駐車場に置いてもらった。
改造してあるのと、見当はついているので自宅まで引き上げてもらった。


後日、外装を外し見てみると、やはりi-mapの配線のギボシ部分が接触不良のようだ。
配線を揺らすと接触が悪くなりエンジンが止まるようだ。
追加加工したギボシ部分を一つ一つ確認すると一か所配線がスポッと抜けた。
組付け時にギボシがカシメ難くてハンダ併用でしたのだが。
そのハンダもギボシのカシメも今見るといい加減なものだ。

いい加減な素人加工が経年変化でダメになったのか。

念のために他の箇所も確認しハンダ付けカシメを確認した。
今のところは配線を強く触っても問題なくなったようだ。

問題なくエンジンがかかると現金なものだ。乗り換えも考えていたのだが。

i-mapの燃調は25%から20%に変更するも今一つなので、30%に増量した。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビッグスロットル22Φキット | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。