ルチャリブレ 別館

単車、電動自転車、猫次郎・猫助の日常の記録やメモ。

ビッグスロットル22Φキット

2017-07-15 | HONDA スーパーカブ110
スパー銭湯号のカブに部品を追加した。

お題の商品 以前から気にはなっていたのだが、¥13500と言う値段がカブにはどうもと思っていた。

アマゾンでこの商品を見ていると下の方に価格が安いモノがあるではないか。
クリックすると東京堂の商品みたいだが、HPには記載はない。

アマゾンの罠で東京堂ではなく中国の東京堂かもと思った。
住所電話の記載も同じだし何より\8500に目が眩み購入。
また取り付け後の変化は分からないレベルだろうが取り付けることに意味がある。
車や単車いじりはそういうものだろう。


届いた商品を開封すると本体と説明書、スロットルセンサー部のOリングのみ。
なぜセンサーのOリングのみ付属なのかと考えるが、CP製もそうみたいなので、
ここのOリングのみ新品ならば他は再利用可と素人判断する。

週末に取り付ける。




左が22パイ、右が純正19パイ




かざしてみると

純正






22パイ



皆既日食みたいだがどうなんだろう。この微妙な隙間が低速トルク、アクセルレスポンスに貢献するかも。たぶん。

ECUのエラー記憶解除後、スロットルセンサー初期化、IACバルブ初期化・再学習にて完了。


取り付け作業で手間取ったこと。

・インジェクターホースの取り外し
SMには必ず燃圧は抜くこととの記載があるが面倒なので抜かずに。
Oリング灯は必ず新品にとの記載があるが。再利用。

・スロットルボディーとエアクリボックスのゴムのコネクターの取り付け
最初からシリコンスプレーを塗布して嵌めやすくするべし。バンドは限界まで緩める。

・IACバルブの取り付けの角度。
嵌め口が三つあるが間違った口に付けるとIACのコネクターがエアクリと干渉する。

・SMに組み込み時に新品の指定があるもの
インジェクターのOリング、コレクター部
IACバルブのOリング、センサーのOリング(キットに付属)


普通にエンジンは始動しアイドリングを始めているが、時間が掛かるのでIACバルブの学習は後日に。

久々にカブでチョイぶらしてみようかと少し思った。

現在の構成
E社125キット
エアクリボックス、フィルター素人加工
マフラーのエキパイモリワキ+純正のマフラーエンド追加
i-map
22パイスロットル

マフラーはノーマル改が良いのでカムやマフラーは交換しないはず。
増車熱は今は落ち着いている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高回転の振動解消 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。