ギリシャへ そして ギリシャから From Greece & To Greece

ギリシャの時事ニュース、文学、映画、音楽がよくわかる
ギリシャの森林再生を支援する『百年の木の下で』の公式ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

寄附 2014年度

2014-09-08 | 百年の木の下で

今年も「百年の木の下で」が支援しているギリシャの森林火災防止ボランティア団体 EDASAに100ユ−ロの寄附をする事ができました。

142.58円=1ユーロと円安だったで寄附は日本円で14258円です。

寄附の内訳は太陽と森舎として出版した「ΤΡΑΓΟΥΔΙΑ ギリシャのうた 」1と2の売り上げから15000円および、TOKO KLARINOさんのCDの売り上げから900円の寄附を頂きました。昨年からの繰り越しが500円あったので寄附前の残高16400円から14258円を寄附しました。現在の残高は2142円です。

歌集、CDをお買い上げ下さった皆様ご協力ありがとうございました。私たちの寄附活動は今年で8年目、EDASAへの支援は5年目になりました。金額は小さいですが、これからもできるだけ長く続けて行きたいと考えています。歌集やCDはこちらの太陽と森舎オンラインショップからお求め頂けます

さて、アテネへ行く度に何人かのボランティアメンバーの方とお会いします。

今年はROZA PERAKIS さん、FOTINI MOUKA さんと会う事ができました。

ROZAさんは夏の間、毎週2回パルニサ山の見張り小屋へいって夜の見張り番をしています。不思議な偶然ですが、実は彼女と出逢ったのはEDASAを知る以前の2005年、スペツェ島で開催された集中ギリシャ語講座でした。私のクラスの講師だったのです。

その後お会いする機会はなかったのですが、2年ほど前にEDASAのFacebookで、懐かしい先生の顔を見つけ驚いたのでした。80人程いる見張り小屋ボランティアのうちのひとりです。今年は久しぶりに当時の同級生2人も一緒に先生とお会いできてとても楽しい時を過ごしました。

FOTINIさんは私たちがEDASAを支援し始めた2010年の最初の出逢いからのおつきあいです。

EDASAの仲間たち。写真の一番前にいるのがROZAさん。彼女の斜め左後ろがFOTINIさんです。さらに、その左後ろにいる男性が手に持っているのは、私たちが2011年の寄附で買ってあげた通信機。今も現役で活躍中だそうです。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島へ行こう オマケ | トップ | お礼の手紙 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有難うございました (Queen)
2014-09-09 09:42:35
寄付のお届け、有難うございました。でも楽しい偶然もあって良かったですね。小さくても継続は力、ということが納得できますね。通信機が活躍してくれているのは本当に嬉しいです。
Re:有難うございました (lesvosolive)
2014-09-09 13:03:28
Dear Queen

今年は去年よりも寄付金が多かったのですが、安倍さんの政策で?とっても円安だったので、結局去年と同じ額に。ちょっと残念です。来年の寄付のためになにかイベントしようかなと考え中、また事務局長忙しくなるかもしれません。今の夏パン君はずっとクレタ島に行っててあえませんでしたが、皆さんによろしくと言ってました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。