Lespedeza Museum of Photography レスペデーザ写真美術館

カメラマンな管理人のおたく趣味の雑記と二次創作&コスプレ写真のブログです。Lespedeza(萩)の花言葉は柔軟な精神。

護衛艦『しまかぜ』一般公開と京都鉄道博物館

2017年06月17日 22時25分50秒 | 日記

先週の日曜日、11日になりますが大阪港での

護衛艦しまかぜ一般公開

に参加してきました。今年の3月にしまかぜの同型艦である「はたかぜ」の一般公開が地元であったのですが、その際は開催日と土曜日出勤が重なり断念。今回比較的行きやすい大阪での一般公開ということで折角の機会ということで行くことにしたのでした。

一般公開は10日と11日の2日間開催だったのですが10日は土曜日出勤で断念。日曜日に関しても天気が微妙で半ば諦めていたのですが、土曜日の夕方の時点でなんとか天気が持ちそうということで参加を決めたのでした。

朝一に地元を出て名古屋まで来たものの、在来線か新幹線かで悩んだ末に在来線で京都に向かう事に。しまかぜの見学の時間などを考えると朝から行っても時間を持て余すのが確実だったので

京都鉄道博物館

に立ち寄る事にしたのでした。

京都駅で運賃の現金精算をしないといけない(TOICAなどIC乗車券はエリアをまたいでの利用が出来ない)羽目になりましたが、そこからバスで京都鉄道博物館に移動(障害者手帳による割引があるので安上がりになりました)。

博物館に到着したのが開館直後で物凄い人に驚かされる事に。





今月に関しては普段は見学できない

寝台特急ブルートレインA寝台車

を土日限定で公開ということでそちらに足を運ぶことに。

寝台特急は一度も乗ることが無かったので内部を直に見れたのは貴重な経験でした。他にもあちこち見て廻り有意義な時間を過ごせました。

2時間ほどの短い時間でしたが楽しませて頂きました。その後バスとJRを乗り継いで大阪まで来たのですが、どうにも空模様が怪しい感じに。そしてしまかぜの一般公開が行われる天保山埠頭に着く頃にちょうど雨になってしまったのです。

天気がもつと信じて雨具の類も持ってきていなかったので絶句する羽目に。なんとか天保山マーケットプレースまで着いたものの雨は止みそうになく途方に暮れる羽目に。祈る思い出天気予報アプリを観たところ

大阪の雨はあと少しで止む

と出たのでそれを信じてコンビニで遅めの昼食を買って食いながら雨が止むのを待つことに。するとすぐに雨が止み、内心ホッとしたのでした。

そして天保山埠頭のしかまぜ見学へと馳せ参じる事に。今回とあるものがあるというのを聞いていて雨で展示されているか気になったのですがちゃんとありました。

DMMの「艦隊これくしょん-艦これ-」の登場キャラ「島風」のパネルです。旧日本軍の島風型駆逐艦を擬人化したキャラで護衛艦しまかぜが「島風」の名前を継いだという縁で運営から公式に寄贈された物を一般公開の際に展示しているとの事で、去年のイベントで初お目見えしたのを聞いた時はびっくりしたのですが、直にみれてファンとして嬉しい限りでした。

実は今回の一般公開、抽選で艦橋に上がれるということでチャレンジする事に。ダメだろうと思っていたのですが結果は

見事に当選!

護衛艦の艦橋内部を見学できる機会は滅多にないのでなんか運を一気に使った感じで恐くもありました。

アクセスの良い場所での護衛艦の一般公開ということで大変な混雑でした。艦内を少し観た後、いよいよ「しまかぜ」の艦橋に上がろうと思ったのですがそこから先がまた大変でした。

人が多すぎて見学待ちの列が全く進まないのです。

やっとのことで艦橋に上がったと思ったらそこから先も人人人でとにかく大変でした。





前々から「なんで護衛艦の一般公開で艦橋の公開しないんだろ?」と思っていたのですが今回のしまかぜ一般公開で

機密保持云々以前に混雑でどうにもならなくなるから見学なんてそりゃさせれんわ

と痛感したのでした。







艦橋を見学した後も時間の許す限りしまかぜを見学させて頂いたのですが終了時間も近づいたので現地を撤収する事に。その後何年かぶりかで大阪日本橋の「でんでんタウン」に寄ったのですが日曜の午後だというのに閉まっているお店がいくつもあったりとその寂れっぷりに驚くことに。

以前はもう少し賑やかだったハズが人の通りこそ多いけれど明らかに廃れた感があったのでした。おまけに目的のお店で目当ての品がなかったりと日本橋に足を伸ばした分は散々な結果となってしまいました。

その後道頓堀界隈で早めの夕食をとることに。帰りも旅費をケチる為に近鉄特急で帰る事にしていたのですが、飯の時間やら待ち時間を考えると18時前には夕食にしないといけなかったのでした。

ちょっと早かったかなぁとも思ったのですが

1.夕食を食べ終える頃にはお店の外で学生さんなど長蛇の列※イタリアンバイキングのお店でした
2.帰りの切符を金券ショップで買って近鉄の窓口で座席指定をした直後に予定していた時間の列車の席が満席

と早めに動いて正解だったというのが実際でした。帰りは前日からの疲れもありほぼ寝たまま名古屋まで到着、そのまま帰宅となったのでした。

今回の護衛艦しまかぜの一般公開にあわせての京都と大阪への遠征、正直無茶をしたという感想なのですが、無茶をした分の価値はきっちりあったかなぁというところです。仕事が多忙で週末の休みが安定せず、行きたいと思っても行けないイベントが増えてる現状、チャンスがあれば仕事に響かない程度の無理をして今後も色々観てまわれたならなぁという今回の遠征でした。

PLAMAX KC-01 艦隊これくしょん -艦これ- 駆逐艦×艦娘 島風 1/350スケール PS・ABS製 組み立て式プラスチックモデル
Max Factory
Max Factory
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ACE COMBAT(TM) 7: SKIES U... | トップ | 豊橋ぽぷかる7とのんほいパーク »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL