らんすぴらしよぉん(l'inspiration) 

田窪与思子のインスピレーション
(L'inspiration de Yoshiko Takubo)

タイの王様

2016-10-16 | 外国語・外国

13日に、タイのプミポン国王が亡くなった。心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 

70年以上もの在位だったから、昔むかし、高校生の頃、父の転勤でバンコクで2年半ほど暮らしていた時の王様も、プミポン国王だった。

 

当時も、街の商店にも一般家庭にも、プミポン国王とシリキット王妃の肖像が掲げられていた。

 

王族のシリキット王妃とプミポン国王はフランスで出会って結婚されている。

 

慈悲深く、当時も国民からとても愛されていた。

 

国が割れても、プミポン国王が出て行くとす必ずまるく収まった。

 

半世紀以上に渡る親交からか、日本の天皇皇后両陛下も13日夜から3日間の喪に服されている。

 

火葬は一年以上先なのだそうだ。

 

葬儀の後、長男のワチラロンコン皇太子が王位を継承され新国王となるのだろうが、彼の評判はあまり芳しくない・・・・・・大丈夫かしら、と少し心配になる・・・・・・

 

21世紀にもなって、王位や皇位の継承はほんとうに必要なのだろうか、と思うことがある・・・・・・

 

みんなの「地球」じゃだめなのかしら・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『コラム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よかったです。 | トップ | 紙芝居 »
最近の画像もっと見る