Un'agenda di Leonardo~レオくんといっしょ~

ネザーの男の子、レオとの毎日を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レオ、月に帰る

2016-08-01 13:55:26 | お別れ
ずっと、間があいてしまいました。
まだ、見て下さっている方はおられるでしょうか。れーまです。

2016年7月29日、午後15時、レオは月に帰りました。
9歳三ヶ月でした。

24日までは元気でした。
24日の夜、ご飯を食べていないことに気づき(朝は間食)、福岡夜間救急病院へ行き、点滴・注射をして頂き、ここで初めて歯を悪くしていることを指摘されました。
翌日、かかりつけに連れて行き、抜歯。夕方迎えに行き、帰宅後は、投薬のおかげもあってかちゃんと食べてくれました。

25・26日は元気でした。
27日深夜(2時くらい)に、突然レオがばたんばたんと騒ぎ始め、いつにない行動に、慌ててケージを覗いたところ、レオが転がり回っていました。
またもや救急に連絡、一時は様子を見るようにとのことでしたが、待てずに1時間後に病院へ。
おそらくは前庭疾患、思ったよりもひどい状態と言われ、覚悟をするように、と言われました。
そして、点滴。耳からの点滴を入れ、かかりつけに向かう時間まで、点滴をして頂きました。
そんな中でも、レオは私が口の側まで持って行ったペレットを食べてくれ、シリンジのお水も飲んでくれました。救急病院の先生も驚嘆して下さったくらい、頑張ってくれました。

それからかかりつけに移動。
前庭疾患といわれ、抗生剤と食欲を出すペリアクチンを飲ませること、食べられるだけ食べさせること、特に体温を下げないことを指示されました。

帰宅後、ケージの中のものを撤収し、買ってきたバスタオルとタオル、クッションなどでレオが転がっても痛くないように模様替えをし、ひよこ電球と湯たんぽを入れ、クーラーを切って、保温につとめました。

レオはそれでも少しずつ食べてくれていました。
今から考えてみれば、食欲は落ちていました。いつもなら、薬を飲めば、三十分くらいで復活して、一束くらいの水菜や小松菜を食べきるのに、二口くらいでぼーっとしているような状態でした。

目が回っているから、と思っていましたが、それだけではなかったのでしょう。

28日朝、動物病院へ。
このところ、1.3キロだった体重は1.05まで落ちて、軽い脱水症状を起こしているから、午後からは水や水分を含んだものを多くとらせて保温することを指示されました(午前中は点滴しているのでOK)。

食べたり飲んだりすると鼻から一部が出てしまい、鼻のあたりががびがびになってしまって、食べたがらず飲みたがらないので、病院で教わった通り、湿らせたコットンで根気よく拭いて、それからバナナやリンゴなどを与えてみました。
やはり、一口、二口でやめてしまいます。
それでも、食べてくれていれば、よくなれると信じていました。
リンゴをすりおろし、少しずつ飲ませていました。

29日朝、動物病院へ。
朝はリンゴのすり下ろし少々とペレット二粒しか食べていませんでした。
体温は平熱、脱水症状も改善して体重は1.2キロまで戻っていました。
点滴と注射をしてもらい、流動食のサンプルを頂いて帰宅。

帰宅後、注射のおかげか小松菜を少し食べてくれました。
リンゴと人参とセロリをすり下ろしてあげてみたら、これも喜んで飲んでくれました。4.5ml。
この時点でおしっこがまったく出ていなかったので心配していましたが、少し後でおしっこがでてほっとしました。

水菜もあげたら、食べたい様子なのですが、一口二口食べると、口にくわえたままぼーっとしています。
めまいのせいかも、と思いながら、不安でたまりませんでした。

そして、午後。
リンゴと人参、セロリのすり下ろしを飲ませ、時間をあけて流動食を試したところ、ばくばくっといつものれっちの食いつきで、シリンジをくわえて飲んでくれました。
嬉しくて、二本目を作って持って行ったら、なぜか勢いがなくなっていて。
でも、この数日はずっとそうだったので、食べない?と声をかけながらくわえさせてみたら、飲んでくれたので、飲ませてしまいました。
よかったね、飲めたね、と声をかけつつ、頭をなでて鼻から出た分を拭いたら、レオがいきなり転がり始めました。
あ、回ってるの?と思ったら、この数日の弱りかたとは思えないくらいの勢いで、ケージの中で走ろうとし(レオは前庭疾患が起きてから、左が麻痺?しているっぽくて、立ち上がれないし走れないのですが)ました。
危ない、とレオを捕まえようとしたら、私の右腕に体をまきつけーまるで二つ折りになるような勢いでーた後、くたくたっと力が抜けました。
そして、おしっことうんちが出ました。
私は見たものに動揺しつつ、うんちが出なくて暴れたのか、とまだ思っていました。
が、そこで。

レオが息をしていないのに気づきました。

しかし、レオの名をよび、揺すったら、びくびくっとおなかが動き出しました。今思えば、不規則な激しい動きで、普通の鼓動ではありませんでしたが、そのときは、息をしてくれているという安堵で、よく判断ができませんでした。
そのまま病院に電話をし、すぐつれてくるように、とのことで電話を切って、もう一度レオを見たら…レオはもう息をしておらず、呼びかけても揺すっても、もう動くことはありませんでした。
そのまま、レオを抱き上げて泣きながら病院に電話をしましたが、残念ながら、もう…という先生の判断を、呆然としながら聞いていました。
電話を切って、れーぱに電話して知らせ、万が一にも生き返ってくれないかと念じながら、レオの体を拭きましたが、なんの変わりもありませんでした。

泣きながらレオをなでている間に、あったかかったレオの体は、だんだん冷えて冷たくなっていってしまいました。

そして、かなりの猛暑ということもあり、前の子の時にお願いしたペットの葬儀屋さんに連絡して、30日にお葬式を済ませました。

まだ、レオがいないことが信じられません。
いえ、いないのはわかっていても、つい声をかけたりケージを覗いたりしてしまっています。

ここ二三年は食欲が少しずつ落ちてきていましたが、元々よく食べられる子なのであまり目立たず、でもずっと心配していました。
それでも今年も元気で、来年の十歳の誕生日を元気で迎えようねと声をかけていました。
体調を崩さないように、と思って、毛がつまらないよう今年は特にブラッシングを頑張っていたつもりでしたが…。

本当に、突然の別れでした。

まだ、どこか呆然としたまま、毎日を過ごしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一応落ち着いています。

2008-06-03 01:13:54 | 病気
お久しぶりです。れーまです。
レオの様子は変わりません。
炎症は治まってきているそうです。が、右目の瞳孔が白いのが、ちょっとわかりやすくなったような気がします。
前回の記事の後、一週間くらいは少し症状が進んだような気がしましたが、そこで現在は止まっている感じです。
これは仕方のないことらしいですが…。
現在のところ、日に三回の目薬、二回と一回の投薬(薬によって投与の回数が違うので)をしています。
マッサージも始めたのですが、あんまり好きじゃないようです。

投薬は、本人はとっても不満そうですが、終わればドライフルーツだと思っているようです(笑)。
そういうレオが癒しですね。

レオが来て一年経ちました。
これからもずっと一緒にいたいと思っています。
コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

白内障

2008-05-01 12:03:33 | Weblog
本来は数日前(4月中)に書かなければならなかったのですが、自分が動揺してしまい、まとまらなかったので遅くなりました。すみません。

レオ、右目が白内障になってしまいました。

元々、目薬が切れる一週間後くらいに連れてきて下さい、と言われていたので、ちょうど切れた翌日(4月28日)にレオを病院へ連れて行ったところ、炎症はだいぶ治まったとのこと。が、まれなことらしいのですが、なんと白内障を起こしているというのです。
炎症がきっかけだろうと。

呆然としました。
確かに数日前から、目薬をつける時見たら、レオの瞳孔が白っぽく煙ったようになってきたので、気にしていたのです。
でもあと数日で医者に行く日だから、その時聞こうと思っていたのでした。

帰宅後すぐ、ラパン様に連絡(その節は、取り乱してしまって申し訳ありませんでした)。色々とご助言を頂き(ありがとうございます)、また折り返しかかりつけに電話。
炎症に抗生物質が効いたようなので、細菌性の白内障と思うが、私たちが使いたいというならEZ症のための薬(フェンベンダゾール)も出しますので投与してもいいですよ、と言ってもらえたので翌日(その日は診療時間が終わっていたので)もらってきました。
打てる手はすべて打ちたいので。

また、熊本の方にうさぎに強い先生がいるとのことだったので、猫の方のかかりつけの先生(こちらではうさぎの患者さんはこちらに回しているそうです)から問い合わせて頂いたところ、レオのかかりつけの先生の見立てなら間違いはないだろうけど、気になるようなら連れて来てもいいですよ、とのことでした。
同じ診断になるとしてもセカンドオピニオンするべきか、れーぱと話し合ったのですが、熊本までけっこうかかる(往復2時間くらい?)ので、レオの負担になるかもしれないし、薬も頂いたばかりなので、投薬しつつ様子を見て、やはりセカンドオピニオンした方がいいと思ったらそうしよう、という結論になりました。

レオの目は画像のような状態です(右目のみ)。
2種類の目薬と投薬の後なので不機嫌です(汗)。

投薬時は頭突きに後ずさりに掘り掘り、蹴りけりで逃げようとします…。
おまけにまつげ?が長いので、目薬が涙のようにたまったりするし(レオの目の上部、黒っぽい毛が生えているところが、長くなっていてまつげのような感じになっています)。
投薬後はドライフルーツのご褒美をあげていますが、手からは食べたくないよと怒られています…(でもあげるのやめると追ってくる)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暖かい…のかな?

2008-04-21 01:57:09 | Weblog
4月とはいえ肌寒い日が続いていましたが、今日は少し暖かいです。

とおもっていたら、レオの「ごろん」が出ました!
ヒーターが活躍しなくなってからは出なくなっていたのですが、今日は余程暖かいのかな?
さっきまで一緒にビデオを見ていたので(いつから見ているか分かりませんが、最近気付きました)、疲れたのかもしれません。

今は元気に牧草を食べて水を飲んでいます(夜食?)。
今日は目の白くなっている部分が分かる気がします。電気の光のせいかもしれませんが。
早くよくなってほしいのですが、栄養つけたら何とかなるものでしょうか?
投薬以外にもできることがないものかと考えています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日祝い(本来は10日の記事です)

2008-04-21 01:42:03 | Weblog
10日はレオの誕生日だったので、ケーキを買ってきてお祝いしました。
画像はそのときのケーキです(レオの写真じゃなくてすみません)。
本当は誕生日ケーキ、ちゃんとホールのを買おうかと思ったんですが、「レオくんお誕生日おめでとう」とか書いてもらうのはちょっと…と思ってしまって。
…来年は自分で作ろうかな。そうしたら名前書くのも自分なので、恥ずかしくないし、とかちょっと考えています。 

レオは残念ながらケーキは食べられないので、水菜・小松菜・キャベツ・にんじんでお祝いです。
あと、ドライフルーツを多めに。
本人は何で野菜の山ができたのか、と思ったかもしれませんが(笑)、一生懸命食べていたのでよしということで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経過報告その2 よくなっています!

2008-04-20 00:14:29 | 病気
こんばんは。昨日はアップせずに寝てしまいました。すみません。

かかりつけの医者に行ったところ、ずいぶんよくなってきているとのこと。「状態はいいです」と言われました。
抗生物質と目薬が効いたようなので、あと2週間ほど続けてから様子を診せにきて下さいと言われました。四月末、ということなので、30日にはまた医者に行ってきます。
よくよく見ればまだ白っぽい部分があるのがぼんやり分かりますが、見間違いかと思ってしまうくらいちょっとになりました。
少し安心です。
レオ、薬を飲むのは大嫌いなので(目薬は諦めたらしいです)、もうちょっと我慢してもらうことになります…。
ごめんねレオ。

画像は今朝、散歩中のレオ。こたつの周りを回っています(福岡はまだ寒いので、電気をつけるほどではないけれど、布団がないと寒いのです)。
前の子は布団を掘って中に入りたがったのですが、レオは布団はちょっと掘るくらいで、中に入ろうとはしません(レオが出るときは電気は切ってありますが)。
入れることも知らないかも?

本人は現在、フィーダーから牧草をかき出して、気に入ったものを食べようと頑張っています。
…いっぱい入ってるんだから、かき出さないで~(泣)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

右目の経過

2008-04-18 00:16:57 | 病気
ご無沙汰してすみません。れーまです。

レオの右目ですが、薄くなった?と思ったり、広がった?と思ったりで、素人目ではわかりにくくなっています。
電気や太陽光ですかすようにしてみると、瞳孔下部分に薄く広がっているような感じです(実際、前回お医者で「瞳孔裏(?)に広がっている」と言われたのですが…)。
ただ、白いかけらのように見えた部分は薄くなっているような気がします。

写真も撮りましたが(画像です)、なんだかいろいろ映り込んでしまったようでわかりにくくてすみません。

本人は、抗生物質をシリンジで飲まされた上目薬を差されたのですごく不満顔です(毎回ものすごく暴れます。●もします。怒り●?)。
食欲はありますし、嫌がりますが飲んだ(差した)後にはドライフルーツのご褒美がくるとけろっと食べています(最初は怒って、手から顔を背けていましたが、今は普通に手から食べます)。

明日、経過を診せに連れていきますので、また報告しますね。


レオの誕生祝いもしたのですが(4月10日)、記事を書けませんでしたので(汗)、後でまたアップしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

右目に炎症

2008-04-12 13:46:15 | Weblog
お久しぶりです。レオの右目の瞳孔に傷がついたように見え、白い小さな点もできていたので、病院に行って来ました。
気付いたのは3月の終わり頃で、その後白い点が1mmほどになりました(写真の矢印で示した部分です)。

そこで、先週病院に連れて行ったところ、先生は2点問題があるとおっしゃいました。
1点目は、光彩と水晶体の間に炎症が出来ていて、炎症の残りかすが白くたまっているとのこと。
2点目は、角膜閉塞症候群と言って、原因はまだ不明のようですが、1歳以下のうさぎさんに非常にまれに起こる病気で、目の周囲にある皮膚が伸びて目の表面に透明な膜を作ってしまっているとのこと。

1点目の炎症については、目薬をいただいて、これをさしていたのですが、1週間経って、今日再度連れて行ったところ、見た目には変わっていないようだけれども、光彩の下に隠れたところで白い部分が広がっているそうで、前回よりも強めの目薬と抗生物質の粉薬が出ました。

2点目の角膜閉塞症候群については、膜が大きくなると視覚に障害が出るので、膜を切り取る手術が必要になるけれども、今のところは経過観察のみで、手術の必要はないということです。今日の診察の結果でも、こちらの方は状態が安定しており、時々見せてもらうくらいで、心配はいらないと言われました。

とりあえず、薬をあげて1週間後にまた見せて下さいとおっしゃるので、また来週連れて行こうと思います。
食欲は相変わらず旺盛で、大きい●もたくさんしているので、その点は非常に元気です。
今まで病気をしない子だったので、心配ですが、早く良くなってね。
またご報告します。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

よいお年を

2007-12-31 17:16:23 | Weblog
早いもので、もう今日で2007年もおしまいですね。
昨日今日は冷え込みがきつく、時折雪もちらほらしています。
レオもさすがにヒーターの中でも寒いのか、のび~っとはしていません。

レオはケージが縄張りと認識しているらしく、ケージ内ではものすごくくつろいでいます(外は探検したり掘ったりと忙しく遊びます)。
船漕いでたり(本当に「がくっ!」とかやってて笑えます)、長くなってトイレしたり、ソファと化したトイレでのびつつ牧草や野菜を食べたり。

そういうレオを見て、うさぎってやっぱりいいなぁ、幸せだなぁと勝手にほのぼのしています。

レオのそばでPCしてたら、牧草を食べ出したレオが可愛かったので一枚。
この角度がれーま的に好きらしいです(笑)。

それでは皆様もよいお年を。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寝てると思ったらトイレ中(笑)

2007-12-26 22:08:52 | Weblog
今日もレオがいつもの場所で寝転んだので、あぁ、あったかいんだなぁ、と思って見ていたら、ぽとっ、ぽとっと音が。
えっ?!そりゃ、寝転んだ状態で●するけど、目つぶってるし寝てるんじゃないの?!
と思いつつなおも見ていると、ぽとっ、ぽとっと●が増えていく(笑)。
寝ているようですが耳は立っているので起きてるようです。●してるし(笑)。

しかし、うさぎさんってこの体勢でのトイレが好きなのだろうか…。前の子もこの体勢で●してたし(レオほどしょっちゅうではないけど)。

ちなみにレオ、トイレがすんだら早速牧草入れに突進して牧草をぽくぽく食べていました。
いいことです(笑)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加