さわだ和代 日本共産党 岸和田市会議員

写真付きで活動報告・日々のできごとやおもいを綴ります。

災害時の地域が果たす役割

2017-01-30 23:30:24 | 日々の活動
今日は私の住んでいる岸和田市摩湯町で、城東校区小地域ネットワーク福祉部会が中心となって、岸和田市社会福祉協議会から岸和田のボランティアセンターの果たす役割と講師の青山さんが熊本地震のボランティアに行かれた時の状況や課題、実際災害にあってからでは遅い日頃から確認しておかなければならない事項を列挙されました。
家族の避難経路、場所、オリジナルの自分の避難バッグの中身など、事細かく講演して下さいました。

日頃の地域のコミュニケーションが、いち早く安否確認が出来る鍵。

携帯トイレ、水、薬、メガネなど自分が生きていく上で大切なものを避難バッグに入れましょう。

また、女性は炊き出し要員がメインではなく、女性ならではのデリケートな事柄を把握、指示できるようにリーダーとしての役割を担ってほしいとのこと。
ほんまやなーと感心して聞きました。

先日も地震があったばかりなので、みなさん熱心に聞かれてました。参加人数も80人位は来られてたのではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本共産党27回党大会大成功! | トップ | 大阪府のチャレンジテストに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL