孤独死なんか怖くない・・・と強がるおひとり様の独り言

老母と私とメタボ猫1匹のシルバー世帯。日々のあれこれを綴ります。

万引き捜査の署員、中学生に「少年院ぶちこむ」

2017-08-10 | 独り言
YOMIURI ONLINE(http://www.yomiuri.co.jp/national/20170810-OYT1T50046.html?from=y10)より
「警視庁高井戸署員が2015年12月、万引き事件の捜査で、当時中学生の少年2人に対し、「認めないと逮捕するぞ」などの暴言を吐いていたことがわかった。」

なんでそんなことがわかったのか?と疑問に思いニュースを読んだら、「少年の1人が取り調べをICレコーダーで録音していた。」らしい。スマホならともかくICレコーダーというところに悪意を感じる。普通そんなもん中学生が持ち歩かないでしょ。あきらかに計画的だ!と思ったのは私だけではないはず。

署員の言動は不適切だったと思うが、ICレコーダーを隠し持ち録音準備をして取り調べに挑む中学生とは末恐ろしい気がした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご本人様拘留中 | トップ | 他人の口座から引き落としさ... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TVのニュースで (風のフェリシア)
2017-08-11 09:18:23
にゃんころりんさん、おはようございます。
私が観たTVニュースでは、その中学生は親に録音をするように言われてICレコーダーを持たされたと言っていましたよ。中学生本人ひとりの考えではないようです。
世の中、変わった (pukariko)
2017-08-11 11:22:17
こんにちは。
私も最初、へぇ~と思いました。
きょうびの中学生はICレコーダーを持ち歩くのかと。
この子は警察にマークされているような、いわゆるワルだったのでしょうかね。
いくら何でも初犯の中学生に、そこまでひどいことは言わないだろうと思いますが。
でも、取り調べのあとは口もきけないほどショックを受けていたようです。
(TVの情報)
心の傷は深いだろうな~。
しかし、防犯カメラだのICレコーダーだの、
証拠物件も昔とはすっかり様変わりしました。

親ぐるみ? (にゃんころりん)
2017-08-11 12:01:11
風のフェリシア さん  こんにちは。

親が持たせたんですか。それなら納得です。
でも親は経験者?と勘ぐってしまいます。
時代はかわるのに (にゃんころりん)
2017-08-11 12:03:21
pukariko  さん  こんにちは。

今回の件で、警察は変わっていないということがわかりましたね。
だいたい子供を脅してどうすんだ!と思います。子供とその家族の方がすすんでました。
警察の危機管理ができていなかったというでしょう。

私も (Sari)
2017-08-11 18:32:11
そう思いました。
mixi友の間でもこの少年は気味が悪いといわれています。
無実ということになったそうですが、本人は手を出さず、万引きの元締めみたいなことをしていたそうではありませんか。
レコーダーは用意周到ですよね、録音しているからわざと下手に出たり挑発していたような部分があるような気がしました。
末恐ろしい…
知恵が回る。 (みどり)
2017-08-11 23:07:13
豊田議員の件もあってレコーダーでの録音は常識となりつつあるのでしょうか。
何かあれば、後々の証拠として録音しておくということですね。
真相は分かりませんが、警察に不備があったことは確か。取り調べの可視化も時の流れとして必要でしょう。
親がもたせたらしいのですが・・・ (にゃんころりん)
2017-08-12 21:43:55
Sari さん こんばんは。

親が持たせたらしいのですが、親からして用意周到やなぁと思ってしまいました。
普通、子供が警察に呼ばれたらオロオロしてしまいませんかね。
親子して経験者かなと思ってしまいました。
レコーダー売れる? (にゃんころりん)
2017-08-12 21:48:19
みどり さん こんばんは。

その昔、やくざまがいの暴言を吐く管理職がいまして、レコーダーで録音してやろうかと考えことがありました。
パワハラと戦うにはレコーダーは必需品ですが、最近はスマホで録音できてしまいます。
今回の件は、警察側が時代遅れですよね。
まさか子供がそんなものを隠しもっているとは思わなかったのでしょうが、
取り調べを録音されて公開されたのはこれが初めてではなかったと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL