孤独死なんか怖くない・・・と強がるおひとり様の独り言

老母と私とメタボ猫1匹のシルバー世帯。日々のあれこれを綴ります。

お父上は山口さん?

2016-10-16 | 仕事
その若い男性は、カードを利用した初めての買い物から支払っていなかった。登録された電話は携帯だけで、毎日架けまくっても一度もでたことがない。カードのシステムを知らない? んなわけないでしょう、というので悪質と判断。

勤務先として登録された先に電話してみたがすでに退職していた。こうなるともう、自宅を訪問するしかないので、男性2人がとある日曜日に自宅を訪問した。それはある暑い夏の日ことだった。

アパートのドアを開けて応対した父親らしき人物は、ちょっと待ってねと一度中に引っ込み、次にでてきた時は上着を脱いでランニング姿となり、おまけに肩から腕にかけてタトーがあったらしい(^◇^;) 本人は不在と言われ、社員2人はいつも以上に丁寧においとましたらしい。

うちの社員は玄関先で「金払え~」などと言うことはないが、この父親は先回りして牽制してきたようだ。ということは、他にも訪問者がいるのかも知れない。もしそうなら、素晴らしい親子の協力体制だと褒めてあげるべきかも知れない。ちなみに季節が冬でも上着は脱いだのだろうかと気になった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私のためのCM | トップ | 「老後ひとりぼっち」 松原... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おおー。 (みどり)
2016-10-16 22:43:05
素晴らしい親子愛ですね。
私が子供の頃は神戸に住んでいて、銭湯に行くと(子供だったから男湯にも行き来していた)、俱利伽羅紋々の人は珍しくありませんでした。
近寄って眺めていた記憶があります。
(怖いもの知らずでした(笑))
わざわざ奥に一旦入って見せるとは、芸が細かいというか・・・ですね。
俱利伽羅紋々の人 (にゃんころりん)
2016-10-17 21:02:27
みどり さん  こんばんは。

そう言えば、昔は銭湯に俱利伽羅紋々の人がいましたね。
私も行き来してみたことがあります。今なら出入り禁止ですね。
こういうときこそ役に立つ俱利伽羅紋々なのでしょうね。
こわ~ (pukariko)
2016-10-18 12:03:24
こんにちは。

丁寧においとまされた男性社員さんのお姿を想像すると・・・
いやはや冷や汗ものですね。
そりゃオヤジは冬でもランニングいっちょうでしょうて(^-^)

こういう場合、会社はその後どう処理するのですか?
ヤラレっぱなしというわけにはいきませんわね。
踏み倒しか? (にゃんころりん)
2016-10-18 12:18:00
pukariko さん  こんにちは。

初っぱなから払う気ないようで詐欺みたいなもんですね。
私達の手からは3ヶ月で離れ、債権回収会社に移譲されます。
そちらでは裁判おこして取り立てるかも知れません。
でもない袖はふれないので、もし無職だったりしたら、踏み倒しでしょうね。
生涯、ローンやクレジットとは無縁の生活に突入ということになります。
スマホはまだいいけど、車と家も現金で買うてね(^O^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL