神融心酔 

中国茶・台湾茶を中心とした素敵な出会いの数々を綴っていきます

千利休

2011-02-28 | 茶にまつわる文化・芸術
今ごろ千利休にはまるのも何なんですが、
きっかけはNHK大河ドラマ『江』に出てくる石坂浩二演じる利休。
ドラマの内容自体は???な展開も多くて、ほとんど‘ながら見’ですが、
キャスティングはなかなか面白いなあと思います。

中でも石坂浩二の利休は、知的で、冷静で、色男で、したたかな感じがして興味を惹かれました。
(特に石坂浩二のファンではないんですけどね。)

以前、茶の湯のお道具やしつらえを少し勉強しようと思って買ってあった
「ペンブックス 茶の湯デザイン 」(pen BOOKS)
「ペンブックス 千利休の功罪」(Pen BOOKS)
を引っ張り出してきて読んだのを皮切りに、
利休関連のエッセイ、小説、漫画本を何冊か読破しました。

中でも面白かったのは、「利休にたずねよ」(PHP文芸文庫) 山本兼一著。

後世の者たちが作り上げた利休像を更にふくらませた感じですが、
サスペンスタッチの読み物としてかなり楽しめました。
この小説の中に出てくるお道具を「ペンブックス 茶の湯デザイン」の写真と照らし合わせてみると
より一層利休の時代の茶の湯が頭の中に描かれやすくなります。

それにしても20代で茶道を習っていた時には
千利休について何も知らなかった自分に恥じ入ります。

割り稽古に勤しみながら、それがどう集大成していくのか、
その目的は何なのか、考えたこともありませんでした。
木を見て森を見ず、でしょうか。

その反対に、木もちゃんと見ていなかったと思います。
お道具一つ一つの味わいや役割や意味も理解していませんでした。

今、お師匠さんの黒楽茶碗を手にしたら、もう少し違う鑑賞の仕方ができるかもしれません。

千利休も今に伝わる千家の茶の湯の世界を完成させたのは60代になってから。
年をとるのも悪いことばかりではないような気がしています。
ジャンル:
お酒・お茶
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続けると言うこと | トップ | 茶会「三山物語」のお知らせ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
茶ガールもいるらしい (サンタ)
2011-03-01 23:34:16
「利休にたずねよ」とても面白いですよね。
ロ・ヴーでは、2年ほど前から密かに利休がブーです。(^-^)
だから、というわけではないのですが、茶室での中国茶会となりました。
いずれは二畳台目で中国茶会をやりたいのですが…。

そういえば「茶ガール」などという言葉もあるそうですね。
何でも「侘び、さび、カワイイ」のだとか。(笑)
>サンタさん (ちょし)
2011-03-03 01:20:33
二畳台目ですか!
その茶会、是非参加したいですね
やはり一対一になるのでしょうか・・?

「茶ガール」ですかぁ(笑)。
でも当時、クリエイティブ・ディレクターとして
利休はその時代のトップを走っていたわけですから、
現代であれば追っかけ「茶ガール」がいるのもありかもしれませんね


私は利休の美意識は憧れではありますが、
茶会のノリはノ貫が好きですね(^^)
落とし穴掘ったり、赤い傘で野点したり♪

コメントを投稿

茶にまつわる文化・芸術」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。