神融心酔 

中国茶・台湾茶を中心とした素敵な出会いの数々を綴っていきます

心に響く茶のうつわとは

2017-08-30 | 麗香茶課
8月最後の週末の土曜日、麗香茶課主催で夏休み特別講座『井戸茶碗の魅力から探る、日本人の美意識 ~心に響く茶のうつわとは~』、
続いて午後に『茶道具フリーマーケット』を開催いたしました。

特別講座では高麗茶碗を専門に作陶されている丸山陶李先生にお話を伺いました。
内容は、
1.高麗茶碗とは 
2.井戸茶碗とは 
3.井戸茶碗の種類 
4.井戸茶碗の特徴・見所 
5.井戸茶碗の特徴から探る日本人の美意識 
6.井戸茶碗の故郷、古窯址探訪と陶片 
7.井戸茶碗と対峙して
というテーマで、パワーポイントの写真説明に沿って進められました。

時間が足りなくなるほどの濃い内容で、
先生の井戸茶碗に対する熱い思いが伝わってくるような講座でした。

聴講の皆さんの感想も
 ・とても内容が充実していた
 ・井戸茶碗について日頃思っていた謎を解いていただいた
 ・お話がとてもわかりやすかった
 ・井戸茶碗の見どころや特徴がわかった
 ・これから美術館博物館で井戸茶碗を拝見するのが楽しみになった
 ・今まで井戸茶碗の良さがよくわからなかったが、先生のお話を聞き終え、作品を拝見し、裏返して梅華皮を見たとき、「なるほど、力強い、そして美しい」と思った
など、大好評でした。

ご参加の皆さま、ありがとうございました。

また、茶課会員で香流スタッフのHさま、Aさま、Sさまにはお茶淹れを担当していただき、感謝申し上げます。

最後に、今回の企画と運営を中心となって進めてくださった茶課会員のうらりんさん、本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。




我が家にお嫁入りした丸山先生の井戸茶碗「山井戸」。
何かを語りかけてくるような、そんなうつわです。

丸山先生、ありがとうございました!
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青蛾茶房 | トップ | 「台湾茶講座@よみうりカル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

麗香茶課」カテゴリの最新記事