ドラゴン★ドラゴン

かずの アジア・邦画・洋画などの映画の鑑賞記 とプラス旅行・音楽についてつぶやく ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画「舞妓Haaaan!!!」  /邦画

2007年08月12日 | 映画-マ行 + YZ

【STORY】
 12年前。高校生の鬼塚公彦(阿部サダヲ)に舞妓はんとの運命的な出会いが訪れた。それは修学旅行でのこと。京都で迷子になった公彦は、夢川町で舞妓の小梅(京野ことみ)に助けられた。生まれて初めて見た舞妓はんの、この世のものとは思えない美しさに、公彦は人生観が変わるほどのショックを受ける。それからというもの舞妓はんの姿が頭から離れない。早く一人前になって自分のお金で舞妓はんと野球拳がしたい!!!
 鈴屋食品・東京本社で働くサラリーマンとなった公彦は、相変わらず舞妓はんに情熱を注ぎ込んでいる。有給を使い京都を訪れては、写真を撮って舞妓はんを応援するHPを作成。しかし、一介のサラリーマンには京都のお座敷に通う経済力はなく、「舞妓はんと野球拳」の夢は未だ果たせていない。
 そんな公彦に願ってもない転機が訪れた。京都支社、別名「かやく工場」への転勤が決まったのだ。事実上は左遷だが、そんなことはどーでもいい。
同僚OLの彼女・大沢富士子(柴崎コウ)をあっさり捨て、公彦は京都へ。早速、新たな職場で上司の先崎部長(生瀬勝久)に催促して歓迎会を開いてもらった。京都で宴会といえば御茶屋でしょう・・・と思ったら着いたところはカラオケボックス。冗談じゃねえ! 公彦はひとり会場を抜け出し、貯金をおろしてスーツを新調して、いざ御茶屋へGO!!しかし暖簾をくぐった公彦に、女将のこまつ(真矢みき)が笑顔で告げる---「すんまへん、うちとこ、一見さんはおことわりなんどす」
 お茶屋には常連客の紹介がないとは入れない。だけど、そんな知り合いどこにいるって言うの。ため息をつきながらHPの舞妓はんを眺めていると、その時、舞妓はんの写真の隅に鈴屋食品の社長・鈴木大海(伊東四朗)を発見! 社長はなんとお茶屋の常連さんだったのだ。
 早速、社長にアタック。「仕事で結果を出せば、好きなだけお茶屋に連れて行ってやる」といわれた公彦は、死に物狂いで仕事に取り組む事に。
 
     

【感想】
 何となく印象は、エンターテイメントって感じもしなしでもない。
 ミュージカルあり、コミカルあり、ほろっとするところあり・・・といろいろな要素が詰まっていて、面白く観れました~。さすが宮藤官九郎の脚本は一味違う。

 主演の阿部サダヲのあの個性的で強烈なキャラは、なんとも言えない。でも、その独特なキャラがまたこの映画を盛り上げている。 惹き付けられるんですよね~♪
 そして、ライバル(?)の堤真一も負けてない。阿部と堤とのやり取りはほんと楽しく見せていただきました。
 柴崎コウは、阿部サダヲの恋人役。どちらかというと柴崎の方が好きという感じ。そのえーって言う感じがまたいい取り合わせで・・・。阿部サダヲが憧れの京都支社に転勤(左遷ともいう)になって、あっさりと別れることになっても、隠れて京都に行って舞妓になって復讐(??)しようと・・・見返してやろうとする。裏返せば好きなんですよねー、一途だと思います。 ドタバタがメインだけど、恋の切ない感じもちゃんと出てるんですよね~、程ほどに。
 堤は、名乗ってない娘との絆をほろっと描かれてます。娘は言われるまで知らず、小さいときから面倒を見てくれる兄の様に慕い、逆に彼に好意を抱いているが、突然事実を知らされショックを受ける。堤から舞踊会の着物を贈られ、そしてスポンサーに名乗りを上げていた阿部サダヲからも着物を贈られる。
 結局は父である堤から贈られた着物を着て踊る・・・その姿を嬉しそうな目で見ている堤・・・ほんのりと心が温まりました。
 阿部から贈られた着物は、柴崎が着て登場---ラストでは、柴崎が茶屋のおかみさん、阿部が世話人(というのか分からんけど)となって・・・きっと結婚したんでしょうね^^ 
 この映画を観る時に、ドタバタコメディーと思って見に行ったので、コメディーだけでなく、ほろっとするところも盛り込まれているのにちょっとびっくりしました。あと、ミュージカルまであるから、更にビックリしましたよ~ メインは、コメディーなんでしょうけどね

 皆楽しく見れるんじゃないでしょうか?? 結構長い期間上映されているのも分かる気がします。 最近邦画もすてたもんじゃないですね~

 そういえば、この映画には、今年の3月に他界された植木等氏もゲスト出演されてました。1シーンだけの出演でしたが、さすがベテラン・・・味のある演技でした。
 ご冥福をお祈り申し上げます




      
      パンフレットには、「お座敷すごろく」付


 【STAFF】
 監督 水田伸生  脚本 宮藤官九郎  音楽 岩代太郎
 エグゼクティブプロデューサー 奥田誠治
 プロデューサー 飯沼伸之 久保理茎  配給 東宝

 【CAST】
 阿部サダヲ  堤 真一  柴崎コウ  小出早織  京野ことみ
 酒井若菜  キムラ緑子  植木 等  真矢みき  吉行和子
 北村一輝  伊東四朗 


    
 

 【公式サイト】
  
http://www.maikohaaaan.com/index.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「ウィニング・パス」 ... | トップ | 映画「西遊記」   /日本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画-マ行 + YZ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画撮影 堤真一関連 最新トピック (堤真一 画像動画情報ブログ)
野田地図、13回公演は・・・。10年前は堤真一さんと深津絵里ちゃんでしたね、確か...