廃盤蒐集をやめるための甘美な方法

一度やめると、その後は楽になります。

新しい扉を開けたのに

2018年01月14日 | Jazz LP (Blue Note)

Lee Morgan / Lee Morgan  ( 米 Blue Note BST 84901 )


ニューヨークのクラブ "Slugs" でヘレンに撃たれる半年前に録音された最後の公式アルバム。 モーガンが新しい扉を開けた瞬間が記録されている。
あの日の"Slugs" でもこういう音楽をやっていたのかもしれない。 その音はきっと悲劇の予感をはらんで響いていたことだろう。

フルート、サックス、トロンボーンを加えた重層的なサウンドがカッコいい。 特に、ビリー・ハーパーのテナーは最高の出来だ。 こんなカッコいいテナーには
なかなかお目にかかれない。 グラチャン・モンカーのトロンボーンもシブい音色で切れ味のいいフレーズを連発する。 とにかく、管楽器がカッコいい。

リズムセクションも複雑な要素を絡めた、それでいてストレートなビートで音楽をドライヴしまくる。 各リズム楽器が一糸乱れぬ一体感で進むので、
音楽の安定感は際立ち、全体ががっしりと堅牢な作りになっていく。 この纏まり感、一体感は何だろう、聴きながらそういう驚きに襲われる。

かつての小僧っ子としてのリー・モーガンはもういない。 ここにあるのは、成熟した音楽家としての姿。 トランペット1本だけでは相手にされない
難しい時代に訴求できる音楽を見事に創り出している。  ブルーノート1500番台のアーティストの中で最も優れた70年代の音楽をやったのは、マイルスを
除けば、間違いなくこの人だろう。 近年のジャズの中にも、これと似通ったサウンドやコンセプトは至る所で見ることができる。 彼は50年後にも通用する
音楽をやれていたのだと思う。 浮気なんかせず、音楽だけに専念していればよかったのだ。 どんな時代でも生き残ることができる才能があったのに。

映画 "私が殺したリー・モーガン" の中では、モーガン本人が音楽のことを語っているシーンは出てこない。 それ以外でも、彼が音楽のことをどう考えて
いたか、という発言の類いはほとんど残っていないようだ。 これは残念なことだけど、それならば一層残されたアルバムは重要になってくる。
我々にはそれらをこれからも聴いていくしかないのだろう。







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何かに辿り着いた演奏 | トップ | どこまでも熱いライヴ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
だ・か・ら (starraney)
2018-01-14 23:08:44
Wayne ShorterのNight Dreamerが発売されたとき、すべての批評家はShorterを褒めたたえ、Lee Morganの時代遅れ、進歩の無さをこき下ろしたのです。
だから批評家は嫌い.
逆に、Milesの電化サウンドや、一世を風靡したfusionにこそ時代に置き去りにされた、短い期間に迎合したサウンドを感じるのです。
古いものが悪いんならクラシックミュージックの存在価値はなくなりますものね。
Unknown (ルネ)
2018-01-15 08:57:05
ショーターはプレイも作る音楽も新しかったので、全てが新しいという感じで、わかりやすかった。
それに比べて、モーガンの新しさは試行錯誤しながらだったので、変化に時間がかかっていて、当時はそれに気がつくのが難しかったのかもしれません。
そういう微妙な変化を感じ取ってこそ評論家だと思うのですが、当時も(そして今も)人財不足だったということなんでしょうね。

コメントを投稿

Jazz LP (Blue Note)」カテゴリの最新記事