L's room.

Lions blog!! No Limit 2017!

2017.2.23. 背景、MLB様。

2017-02-23 11:14:19 | 日記

さて、WBC組は各球団でのキャンプから離脱してWBCの合宿へと移動しております。

ただね、なかなかこれが盛り上がっていない印象。

サッカーの日本代表程のブランド力はまだ侍ジャパンにはないと思われます。


もともとプロ野球は各球団での拘束時間も長く、
NPBの歴史もサッカーに比べると長いため、
侍ジャパンで勝ち上がることと
所属球団で勝ち上がることを天秤にかけると
やっぱりどうしても積み上げてきた歴史の違いからか、
後者の方がロイヤリティが高いに決まっています。

またNPBは世界的に見てもかなりレベルの高い方のリーグだと思います。
日本は野球の世界で見ればかなりの先進国。
勝って当たり前的な見方もされがちです。


サッカーですと日本が後進国なので、
日本が海外の強豪国と試合をし、勝ち上がっていくことがある種の
カタルシスのような形が確立されています。
「判官贔屓」とまでは言わないですが、
こんな感じで応援されているのがサッカーかなと。

また、サッカー日本代表はもともと常設されてましたが、
日本の多くの人はJリーグの発足と同時に日本代表にもフォーカスし出したので、
やはりこの2つが「ヨーイドン!」で注目されると、
どうしたって前述のようなカタルシスが入る分、日本代表のブランドの方が
強くなるのかなと思います。
(なんだかんだ言って、国と国との試合は盛上るのは万国共通です)


あとは、やっぱりWBCをもっとグレードの高い大会にするためには
もっと世界的に協力しないといかんですよね。

MLBは今回の大会でもそこそこ主力級を出してきましたが、
それでもピッチャー陣は軒並み各球団の主力投手は出場辞退。

サッカーのワールドカップで例えれば
ポルトガルが出場するのにCロナウドが「怪我が怖いから出ないよ」
なんて選択肢はしないですよね…
こうならないのはやっぱりサッカーワールドカップが権威のある大会だから。


結局、

各国のリーグ>WBC

という構図が変わらない限り、WBC(のような国際大会も含む)は
盛上らないでしょうし、結局優勝してもなんとなく白けた感じになってしまいます。
(アメリカが優勝できなかったら「MLBの主力投手が出てないからだ」と負け惜しみできますし)

やっぱり野球大国であるアメリカの協力が不可欠で、
「自分の国のリーグだけ盛り上がっていればいいんだ!」
という、誰かさんのような「アメリカ ファースト」主義が蔓延しているようでしたら
世界的に見て、野球が衰退してしまいそうですし、
今現在、MLBは商業的に大成功を収めてるかもしれませんが、
中長期的な視野に立ってそろそろアメリカも本気で重い腰を上げてほしいと
思うのですが…
今はアメリカ全体が保護主義的な色が出てきてしまっているので
しばらくは難しそうですね…


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.2.22. 負けてたまるか... | トップ | 2017.2.24. 内野手サバイバル。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。