L's room.

Lions blog!! No Limit 2017!

2016.12.20. 年俸を見てみる ~イーグルス編~

2016-12-20 12:35:10 | 日記

特に動きが無いので少し前にライオンズ選手でやった年俸推移について
契約更改が全選手終わったチームから見てみましょうよということで、
まずは本日時点で契約更改が終わっているイーグルスから見ていきたいと思います。
(やっぱりこの集計しんどいっす。あと10球団…がんばろうww)


と、その前に、現状の12球団の契約更改の進捗状況がこちら。

 

 

プロ野球編成情報局さんより拝借いたしました。

まず2016年の年俸総額ですが、
ホークスってもうジャイアンツをあっさり抜いてますね。
そりゃ強いわけだ。
そんな総年俸54.2億円のホークス
総年俸約半分の27.2億円のファイターズに日本一を持ってかれるというのだから
野球って本当にわかりません。

本日時点で全選手の契約更改が終わっているのが
パリーグで、ファイターズ、イーグルスの2チーム。
セリーグで、DeNAとドラゴンズと2チーム。
ライオンズはウィンターリーグ参加組の契約更改がまだなので
じつは全選手終わってません。

で、ざっとこちらの表を見ると、
まずは日本一に輝いたファイターズですが、
2016シーズン 総年俸 27.2億
2017シーズン 総年俸 28.6億
ということで日本一になっても微増というこの手堅い経営ww
まぁ、これから陽の穴を埋める為に助っ人補強に動くはずなので
来シーズンの総年俸はもう少し増えると思います。
そんなファイターズは本格的に自前の球場持つために動き始めたみたいなので、
球場出来あがれば球団収入がぐっと増えて年俸も上がってくのかなと思います。
これはこれでどうなるのかとても楽しみなのでこんごの 続報楽しみにしています。

本日ご紹介するイーグルスは
2016シーズン 総年俸 25.4億円
2017シーズン 総年俸 23.4億円
というわけで、年俸がぐっと減りました。
岸くんがいきなりチーム年俸トップの2億2500万円で加入するのですが、
このオフに22名もカットしているのでそりゃあ年俸総額減りますよね。

というよりも、この方が健全と言えば健全。
Bクラスなんですから、年俸総額が上がり続けていく方が変な話で、
この辺は3年連続Bクラス継続中ながら年俸がじりじり増えている
ライオンズの今後がとても不安なわけです。

ということでまずはイーグルス版の年俸上がった選手一覧。
上り幅がでかい順に並べてます。
それにしたってライオンズと比べると年俸額がかわいいもんです。
イーグルスって三木谷が生粋のビジネスマンなので
どちらかというとイーグルスという球団を「強くするんだ!」というよりも
「楽天グループ内の一つとしてどれだけ稼げる体質にするか」
という部分に力点が置かれている気がします。
個人的に則本がたったの2億ってとても安い気がしますしね…

野手陣で年俸アップしたのが10名
投手陣で年俸アップしたのが10名

と、ぴったり10名づつアップ。
でね、上り幅が高いのがペゲーロ、ウィーラーと助っ人が目立ちます。
これ、ライオンズの時もメヒアやウルフがどかっと上がりましたが、
やっぱり「代理人の腕」って選手の年俸に直結するんだなって実感します。
代理人自身も恐らく、選手の年俸の何パーセントかが自分の報酬になるわけでしょうから、
そら1円でも多く年俸吊り上げるためにあらゆる手を尽くすことでしょう。

そのほかではルーキーイヤーから大活躍した茂木も大幅アップ。
これライオンズだったら「3年活躍してなんぼや!」ということで
500万円アップとかで終わってたんだろなと予想…ww

足立もがんばってたけど60%アップですか。
もうちょい上がってもいいんでないの?
福山は今シーズン馬車馬のように投げてた気がするので納得の大幅アップ。
松井もすげーよなぁー。早くも1億目前だし。
ただ、重ねて言いますが則本が2億というのが…
個人的には2億3000万円ぐらいでも良い気がします。
マー君なき後はチームの顔だと思うので、年俸も1番でいいんじゃないかと。
現状、岸くんが加入してチームで1番年俸貰う選手になりますし、
今江も2億なので、則本は年俸額でチーム2位タイです。
個人的に好きな選手なので実はひっそりと応援してる則本。
がんばれよ!

 

次に年俸ダウン組。
Bクラスだったんですから年俸ダウン提示の選手が多いのは当たり前。
稼頭央がついに1億切りましたか。
また同じような成績が続くと来シーズンがラストのシーズンになりそうだ。
とても意外だったのが青山が今シーズン9000万円と1億寸前の年俸貰っていたのがビックリ。
青山ってライオンズに打ち込まれているイメージだったのでね…
結構他チームとの対戦では良い成績を収めていたんだろなぁ(遠い目)
まぁしかしこうやって見るとイーグルスって選手層薄いなぁ…
小粒な選手が多くて、そりゃあ人的補償なんて考えられないっす。
まだまだAクラスの常連になるにはいろいろとやらなければいけないことがたくさんある球団なのかなと思います。


最後に、新入団選手加入前の契約継続選手の中でのイーグルス高額年俸選手トップ10
こうやって見るとほとんと野手です。
ただ、ライオンズも野手陣の方が年俸多くもらってましたが、
イーグルスの場合は野手の最高年俸額と投手の最高年俸額に差がありません。
ライオンズは野手最高の年俸、メヒアの5億と投手最高の年俸雄星の1億と4億の差。
果たしてここまで差をつける必要があるのかどうかというのがはなはだ疑問です。

明日はファイターズ編だ!
ポチっとお願いします!
ポチっとが12球団全部達成する原動力になる!…かもしれないですww

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.12.19. FA総括 | トップ | 2016.12.22. 年俸を見てみる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。