L's room.

Lions blog!! No Limit 2017!

2017.5.26. ファイターズ10回戦

2017-05-26 09:50:56 | 日記

天気が心配された大宮での試合は試合途中に少し強めに振る時間もありましたが、
なんとか試合成立し、8-5の逆転勝利で貯金が最多の「7」に増えました。


まずは、十亀の立ち上がりですが、珍しくストライク先行でスイスイいけるかなと思いきや、
レアードへのホームランは2ストライクと追い込んでいたにも関わらず
食らってしまって、本当にもったいない…

4回は味方のエラーも絡んでおりましたが、
自らもベースカバー遅れたりしてたのでもうこりゃ言い訳できませんな。
6回を投げ切れず5回2/3で実質ノックアウトでした。
全体的に絶不調というわけではないので、去年と比べれば
ある程度試合を作れるまでには状態が戻ってきており、
すぐに2軍落とせ!とまでは言わないですが(そもそも代わりに上げる人がいない)
昨日のブログでも言ったように、ウルフの離脱で苦しい台所事情なわけで、
裏ローテの野上と十亀の同級生コンビが引っ張っていかなければならないことを
考えると、やっぱりこんな出来じゃあ物足りない。
来週はカープとでしょう?
うーん。大丈夫でしょうかね…

で、リリーフのガルセスが3球で来日初勝利。
ヒーローインタビューでの「サンキューサンキュー」がとても印象的だったので
「サンキューガルセス」とでも呼んでみましょうか。
ここ最近はいいピッチングが続いていたので
ラッキーで白星が転がってきました。
小石も下でいいピッチングが戻ってきているので、
小石とガルセスはどちらか先発要員に回してもいいかもしれないですね。
まぁ、リリーフ厚くしてもいいのですがね。
この辺は土肥ピッチングコーチにとっては悩ましいのかなと思います。

7回からは「MSM」の盤石の無失点リレーでもう「谷元、ごっつぁんです!」
というような試合内容でした。


で、打線の方は、やっぱりというか、なんといいますか、
序盤のチャンスを活かしきれずに、相手先発が立ち直って苦戦するという
群馬での試合と同じような試合展開でしたね。
初回の秋山、源田の連続四球なんて、もうチャンスタイムですよ。
ここで3・4番が連続三振というのはとてもキツイ。
本来であれば初回で勝負が決まっていた試合でもありますし、
ここで点が入っていれば、十亀ももっと楽に投げられたと思います。
初回と3回の同点に追いついたあとの満塁のチャンスで得点出来ず、
4回に3点勝ち越された時点でもう完全に負けパターンでしたし、
昨シーズンまででしたら、このままおとなしくゲームセットまでイニングが
たんたんと進んでいたかと思いますが、
今シーズンは中盤から終盤にかけて得点する試合が本当に増えました。
谷元の絶不調というのもラッキーでしたが、
やはり、7回からの「MSM」が控えているので、野手陣からすれば
「2~3点ほどのビハインドであれば1点でも勝ち越せれば勝てるぞ!」
という気分になり、その結果、試合終盤にかけての得点が増えているのかなと思います。

クリーンアップが不調期に突入している中でなんとか下位打線が粘って
得点につながる働きをしているので、しばらくはこんな感じで
泥臭く点を奪っていくしかないですね。

昨日のポイントは何と言っても秋山の同点3ランにつなげた外崎、木村の
粘って四球を選んだとこでしたので、外崎は満塁のチャンスで初球打ちショートゴロに
倒れてやらかした分をなんとか取り戻せたかなと思います。

それにしても1番・2番とMSMの働きが素晴らしすぎるなぁ…ライオンズ

4連勝と言い流れで首位のイーグルスとぶつかれます。
先週は6連勝の勢いをバンデンハークに止められてしまいましたが、
今日はなんとか勢いを殺さずに連勝を伸ばしてほしいです。
雄星は半分地元でやるようなもんなので、ナイスピッチングを期待します。


そもそも雨で中止にならないかが心配ですが…


そして、ウルフの状態ですが、ちゃんと病院で診断受けたみたいで良かった。
特に異常はないみたいですが、とりあえず今週と来週は休んで
再来週のDeNA戦に復帰してくれればなと思います!
え?なんでかって?
この日は久しぶりに現地観戦に行くからです!ww

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.5.25. 今こそ裏ローテ... | トップ | 2017.5.27. イーグルス7回戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。