千一夜第2章第735夜 釣り場百景55光市室積西の浜漁港

2013-10-24 21:09:13 | 釣り場百景

2013.10.24(木)

今日は私が良く行く釣り場百景の第31弾、エントリーナンバー55の光市室積の西の浜漁港を紹介します。

光市室積の西の浜漁港とフィッシングパークの遠景。中央に延びているのが西の浜漁港の長い防波堤で、その向こう側にフィッシングパークがある。

西の浜漁港への進入路は初めての人には少しややこしい。下松から光方面へ国道188号線を進むと、室積で道路が二手に分かれる。左に行けば国道188号線で、右に行けば県道146号線となる。県道146号線に入り、道なりに進むとフィッシングパーク入り口の看板が見える。看板がある道を右折して西へ進むと上の写真の海岸にぶつかる。ここを左折して、直ぐに海岸に沿った狭い道に入り海岸沿いに進む。途中で道が二手に分かれるが、海岸を意識して右へと進む。突き当りがフィッシングパークの駐車場となっている。フィッシングパークと西の浜漁港は隣接していて、歩いて港に進むとその両方が見渡される。

因みに、県道146号線を直進すると、峨嵋山を頂く室積公園となる。室積湾は突き出た陸地が象の鼻のような形をしており、公園の先端は象鼻ヶ岬となる。私は一度だけ歩いて先端まで行ったことがある。公園の中には普賢寺があり、嘗てはこの参道の先端が船着き場となっていた。今では埠頭とまではいかないが、広い堤防となっており釣り人で賑わう。

西の浜漁港入り口、背中側がフィッシングパークの入り口となる。狭い港だが船は多い。他港に比べればまだ漁業が盛んなことが窺われる。防波堤は高く西風や北風が強い時は、防波堤の内側で竿が出せる。

上の写真の反対側がフィッシングパークとなる。休日は釣り客で賑わう。私はまだ入ったことが無いが、釣友Sは親子でアジ釣りに来たと言っていた。高い桟橋になっているのでタモは必携だ。

西の浜漁港の防波堤内側は漁船の数は少なくプレジャーボートが多い。漁船は陸地側に多く繋留されている。棲み分けが出来ているのだろう。

西の浜漁港の長い防波堤。右側が西の浜漁港で左側が釣り場となる。ここではアジ釣りが盛んである。私も数度ここでアジ釣りをしているが、主にはアオリイカ釣りである。ここはアオリイカの産卵場所となっているようで、9月頃から15cm前後のアオリイカが釣れ始める。私が初めてエギングをして、初めてアオリイカを釣ったのもこの場所である。10月にはアオリイカもここを出て戸仲方面へと出ていく。

防波堤先端から室積海岸(海水浴場)を見る。

【10月24日過去の釣行記録】
・2005年上関港防波堤、17:30~19:15、小潮、釣果=アオリイカ2
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、19:00~22:30、大潮、釣果=メバル3・チヌ1・アジ15・シマイサキ1

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦9月20日釣行記録】
・2005年10月22日、上関四代、15:00~21:00、中潮、釣果=2人でメバル30・メイタ1・アジ3・ギザミ多数
・2006年11月10日、華西防波堤、19:10~21:10、中潮、釣果=太刀魚ボウズ
・2011年10月16日、徳山築港、06:30~11:30、中潮、釣果=カレイ2・キス6・ハゼ3・チダイ3・イイダコ1
・2011年10月16日、日石前防波堤、18:00~18:30、中潮、釣果=アオリイカ2

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千一夜第2章第734夜 笠戸周... | トップ | 千一夜第2章第736夜 竿ドボン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
棲み分け (ゴチ)
2013-10-25 17:57:20
室積港は以前紹介された普賢寺の西側になるようですね。漁港での水揚げを優先すれば陸地側の一当地を漁師が使用するのは当然ですね。フィッシングパークの桟橋は干潮の場合は5m異常になりそうです。
Unknown (lennon)
2013-10-25 20:22:34
私はこの港ではアオリイカ釣りが主流ですが、防波堤の両側で狙えるのが良いですね。風の強い日は内側、凪な日は外側と分けてできます。アオリイカも波が荒れているような時は、港に入ってくるようです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

釣り場百景」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事