千一夜第2章第109夜 こんなことは・・・

2010-02-27 22:03:20 | 浮釣り
2010.2.27(土)

旧暦:1月14日
場所:櫛ヶ浜港新防波堤
時間:18:30~20:10
天候:小雨
風 :無風
月齢:13.0
潮 :大潮 満潮19:51潮位284cm 干潮14:09潮位78cm
狙い目:メバル
釣り方:浮釣り
餌 :ゴカイ
釣果:メバル3(16cm)


(今夜の釣果、雨中のメバル3尾)

こんなことはなかった少し前までは・・・。

今夜は満潮が20時前頃だったので、夕まずめは絶好のメバル潮だろうと思い、18時丁度の夕まずめ直前に粭島の釣場に着いた。さあやるぞ!と1ヶ月振りのメバル釣りに胸躍らせ、車のハッチバックを開けると仕掛けが無い・・・。

今日は疲れが溜まっていたせいか起床したのは昼頃だった。お好み焼きとビールでブランチを摂り、夕方までオリンピックを観たりして家でごろごろしていた。それから出掛ける直前に仕掛けを作り、それらを入れた手提げキットを車に入れ忘れていたのだ。

釣場から家に電話してみると案の定机の上にキットが置いたままになっていた。直ぐに家に引き返して道具を積み込む。行きは徳山競艇の終わりの時間と重なったために、釣具店経由で粭島まで小1時間も掛かったが帰りは早かった。しかし今から粭島まで引き返すとかなり時間をロスするので近くの櫛ヶ浜港に釣場を変更する。この間、30分掛かった。こんなイージーミスは殆どしたことは無かったのだが・・・。

今夜は櫛ヶ浜港の新港の入口が開いていた(最近は殆ど閉まっていた)ので、すんなりと車で入れた。今夜は潮が良いせいか、粭島に着くまでも着いても釣り人が多く居た。ここ櫛ヶ浜港にも釣り人が居る。対岸にもヘッドライトの光が3つくらいちらちらしている。釣場に着いてさあ始めようと思った途端に小粒の雨が落ち出した。昼間は良い天気だったし、ここに来るまでも車のフロントガラスに一滴の雨粒も落ちなかったのに、着いた途端に雨である。今夜は余程ついていないようだ。しかしメバル釣りは小雨がそぼ降る夜が良いと昔から言われている。逆についているんだと言い聞かせながら準備に取り掛かる。

第1投目からメバルのアタリが取れたが、食い付きが悪く針掛かりしない。2投目、3投目も同じである。アタリがあるのに釣れないもどかしさにいら付く。そう言えば竿を変えてから釣果が思わしくないなあと、竿のせいにしてみたりもする。しかし19時になってやっとメバルが針掛かりした。小さいが続けて3匹ゲットしてそれで終わったが、1度だけ鋭いアタリがあったのに釣れなかったのが残念。

20時になって雨脚が強くなってきたので納竿準備に入る。先客たちはまだやっているが、私は明朝、余った餌を持ってカレイ釣りに行こうと思っているのでここは素直に納竿である。

【2月27日過去の釣行記録】
・この日の釣行記録はありません。

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ <
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千一夜第2章第108夜 全面禁煙? | トップ | 千一夜第2章第110夜 地震、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

浮釣り」カテゴリの最新記事