a vacant mind

虚無と音楽

すぴりちゅある

2017-03-20 | Diary
本当は関わりたかったが
地元でそういう人たちは王様になりがち
周囲のことなんて関係がない
宗教ももはや拠り所というには頼りない
どこかに商売という雰囲気がある
本質的に本人がどう向き合うかがすべて
誤った方向へ導かれれば妄信ということもありうる
わたしはそこにいるのかいないのか
わかった上での関りなら問題はないでしょう
心の問題において現実の世界で信ずるべきものはなかった
なので師と呼べるような人はいない
共鳴できるものはあったが何かが足りなかったのだろう
人が神になる必要はない
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Dream Theater - Vacant | トップ | 黒子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

Diary」カテゴリの最新記事