a vacant mind

虚無と音楽

偽善

2017-07-17 | Diary
そんなことを気にしていた時期もあった
このごろは偽善でも何でも別にいいんじゃないかと思うようになっている
偽善に溢れててもそれは捉え方ひとつなのだから
人の目なんて思っているよりもいい加減なもの
思い込みがより見方を穿ったものにする
偽善を指摘する人もまた偽善者であるのだから
清廉潔白な人はそうはいない
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふと思う | トップ | Mike Oldfield "In High Places" »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Diary」カテゴリの最新記事