a vacant mind

虚無と音楽

death

2016-10-17 | Diary
考えても仕方ない
そう思う
さまざまな死と向かい合うと
母親の死もそうだが
なんとも切ない
人は死ぬということ
永遠ほど人に似合わないものもないが
儚いからこその命でもある
死なない生き方にあまりに重きを置きすぎてる社会
だから死にあまりに無関心になりつつある
宗教がその役割を果たせなくなっている
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Mike Oldfield - Incantations | トップ | Golden Palominos - Little S... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む