a vacant mind

虚無と音楽

まぼろし

2016-12-28 | Diary
この世界をそう捉えていた
まぼろしだらけになってもいた
破滅をはらんでいるから
なんとも危ういものだが
リアルが残酷すぎて目を覆いたくなる
破滅が組み込まれているような気もします
その岐路はわたしたちの思考そのもの
ボタンを押すのもまたわたしたち
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変わっている | トップ | Linda Perhacs - If You Were... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

Diary」カテゴリの最新記事