a vacant mind

虚無と音楽

心失う人

2017-06-14 | Diary
大事なものが逃げていく
救われた命であるならば
生き方を変えることもできたでしょうに
社会の常識が非常識なことだってある
気づけないほどに忙殺の彼方に押しやろうとしてもそれは無理だろう
病気だったり事故で気付いたりもする
わたしが知る人の多くが家庭崩壊した人達だった
思い込みがやがてお互いの無関心へ繋がり苛立ちへと向かう
もちろんそんな人達だけじゃないけれど
心無い言葉からその人が見えてくることもある
言っていることに一貫性がなければ都合のいい解釈しかできない人なのだと思う
自分の間違いを肯定できないんだな
客観的にその人を見るとき命を大事にできない人なのだろう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Laura Nyro - Will You Still... | トップ | My Bloody Valentine - All I... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Diary」カテゴリの最新記事