a vacant mind

虚無と音楽

感覚

2016-10-08 | Diary
言葉ではうまく説明できない
広がる感覚と閉じ続ける感覚
すべてを混在してさせなくてはならなかった
なんのために?
はじめから一つの世界ではなかった
そう思うと合点が行く
複雑にするほどに顔が見えなくなっていく
その核心から遠ざけるほどに都合がいい
都合のいいことばかり繋ぎ合わせれば当然いつかは綻んでいく
余りにあからさまな操作は生命を馬鹿にしているとしか思えない
神にでもなったつもりの連中は神からもっとも遠いもの
見えるものがすべてではないからこそ
完全な支配などあるはずがない
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海だったところ | トップ | タイヤ交換 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Diary」カテゴリの最新記事