a vacant mind

虚無と音楽

木霊する

2017-12-07 | Diary
自分の言葉が自分のものであるかすら
とにかく自信がなかったのだと思う
発する言葉が違うことも多かった
頭の中で木霊する幻聴のような声なき声
知識を蓄えない・・・何故に?
その意味すら掴むことなどできないでいた
膨大な知識に埋もれてはならない
巧みに操作しようとしている連中はそこかしこに
まあそれほど重要視される存在でもないので気楽なものだ
無視されることも多々あるが何のことはない
わたしの綴るものがアップされるブログ
どこかへ響いているものなのだろうか?
響いていなくても問題はありません
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Edgar Froese - Metropolis | トップ | 第6回ブラック企業大賞 ノミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Diary」カテゴリの最新記事