a vacant mind

虚無と音楽

生きた

2016-12-13 | Diary
どう生きたかったのだろう?
恐怖で頭がいっぱいでした
死を見つめるというよりは現実逃避
すべてを終わらせたがっていた
うつ病という診断をされたのが19歳くらいだったか
それほどに精神的には追い詰められていた
頭に浮かぶ単語を並べると鬱ということなんでしょう
生きた言葉に触れることができなかった
というより耳を塞ぎ目を閉じ口を塞いでいる状態でなにもできなかったでしょう
生きてきたことはある意味奇跡みたいだ
人を救うには私が救われないと思い込んでいましたが
まあ救われなくても生きているものです
生きるということがすべてではあるのです
そこに大義などなにもありません
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Virginia Astley - Darkness ... | トップ | killing joke - pandemonium »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Diary」カテゴリの最新記事