a vacant mind

虚無と音楽

いのちの記憶

2017-04-21 | 音楽等



桜はもはや散ってしまった
二階堂和美のこの曲がなんとなく浮かんできた
希望に満ちた曲です
・・ある意味わたしにはきつかったりしますが
すべてが混在するものだと思いながら
光と闇を混ぜてしまいました
光を目指すわけでもなく闇を目指すわけでもない
いのちはどこへ向かうのでしょう
時の流れの中でその時の流れそのものが記憶の渦となるのか?
あらゆる記憶が紡ぎだすその先に私がいなくてもいいのだ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青葉市子「重たい睫毛」 | トップ | 沈黙しかなかった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む