a vacant mind

虚無と音楽

33

2017-09-19 | Diary
週末にはこの世の終わり
そんな記事が飛び交ってます
考えるとそれを待ち望んでいる人たちも大勢いるわけです
死にたくても死ねない状況もつくられています
貧困に喘ぐ人たちに罵声すら浴びせる人たちもいるのですから
安全地帯があるからこその暴言なのでしょうけど

33という数字に意味があるそうなのですが
この星ですら滅亡に何度となく遭遇しているはずです
人間世界の基準など呆気ないほどに消滅してもおかしくもない
未来永劫続くものなどありはしない
全体としての滅びもまた命のサイクルのひとつでしかない
支配することのできない滅亡はただただ訪れるものなのでしょう
避けようもなく静かに訪れる
いつかはくる
リアルなニュースの方がまるで脚色された茶番劇のように見え始めた
隠しても隠しきれないほどにペラペラだ

ちなみにわたしの数霊?正数?は4だとか
4なんですね!そうなんだ?
亡くなったスナックのマスターに占ってもらった


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10000 maniacs - everyday is... | トップ | Donovan-The River Song »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
数霊 (さとり)
2017-09-19 22:09:12
滅亡も死と同じく人の手を離れた事象ですね。
33は11,22と同様に足して一桁にしない特別な数で、ある意味最強?です。
lemuliaさんは「4」なのですね!
安定しながら四方位に拡がっていく数です。
因みに私の誕生数は「5」、変化と中心性を表すとされています^^

コメントを投稿

Diary」カテゴリの最新記事