Lemon T もっくんのブログ

テクノユニット「コンニチWA!」のLemonTもっくんです!作曲とライブ活動を中心とした日々の記録や思いを綴ります。

シーナ&ロケッツin 松阪

2016-10-11 05:46:41 | ライブ観戦
土曜、日曜の連休の昼間は、飯高茶屋で「あゆか展」開催中なのでほとんど茶屋にいたな。
友人や施設の利用者の保護者の方、希望の園など福祉施設の方々などたくさんの人にきていただいて、作品の説明などをさせていただきました。

今月の開催期間中は、毎週昼間はそんな形で茶屋にいますよ(^-^)


土曜の夜はやまねこパーティーへ。
いつものメンバーと楽しくセッション。

今回はなんと、はるルンが作詞・作曲したオリジナル曲を持ってきてもらって次回やまねこマルシェで演奏することになりました。

「れもん食堂」をやりはじめてからオリジナルは僕の作詞・作曲でしたが、やはりボーカルさんが詩を書いたほうが気持ちが伝わると思うので、今回曲を作ってきてくれて本当に嬉しい~!

これまでも「フワ~フワ~」とか詩を書き直してくれて歌ってくれたりしてたけど、やはりボーカリストが詩に自分の想いを託すのが一番やね。

これからまた、はるルンの曲がどんどん増えていくのが楽しみです(^◇^)



さて日曜の夜は、ついについにシーナ&ロケッツ松阪着陸!!

松阪は、前にMAXでやって以来なので実に6年ぶりです。

今回の場所は、「ROCKERS CLUB」
若手のパンクバンドとかがよくライブやってたりして名前だけは知ってましたが初めて行きました。

開場まえの夕方には、たくさんのロケッツファンが!


あまり知ってる顔はいない。
話を聞いてると他府県から来た人がけっこういるみたい。
名古屋、大阪、京都、浜松、東京、福岡など全国各地から。

チケットはソールドアウトしたみたいで満員。

まずは前座のバンドから。
このライブの主催者ともいうべき伊勢の辻坂さんのバンド「ドッグスタイル」
ルースターズやモッズといっためんたいロックの王道バンドって感じでカッコよかったです!


続いてCONROD、このバンドは結構昔からやってる。
ブランキーやミシェルっぽい雰囲気のバンド。ギターがグレッチってのも雰囲気があってる。
ロッカーズクラブでは常連バンド。これもカッコよかったです!




そしていよいよ、いよいよ鮎川さんのシーナ&ロケッツ登場!

もうNASAのカウントダウンが聞こえ始めるとそれだけで異様な盛り上がり!

最初から会場はノリノリで盛り上がりMAX!


ここの音響もめっちゃええ感じ!
先月の京都「磔磔」よりもええ感じで鮎川さんのギター、奈良さんのベースも最高にええ感じで鳴ってた。



もう10年以上前に福山マサハルさんがミュージックステーションへ出演した時に、大好きなフェイバリットソングとしてあげていた「ピンナップ・ベイビー・ブルース」を鮎川さんが歌う。
この曲は、当時飛ぶ鳥を落とすイキオイだったコピーライターの糸井シゲサトさんが作詞、鮎川さんが作曲した名曲。
もう最高ー!


ライブも終盤、レモンティーが終わって、鮎川さんが亡き妻シーナの事を語る。

「シーナが亡くなってから、シーナのいないシーナ&ロケッツなんて考えられなかった。でもこれでやめてしもたらシーナ&ロケッツは永遠に消滅してしまう。天国で見守ってくれてるシーナのためにも3人でシーナ&ロケッツを続けてくことに決めました。シーナの大好きやったこの曲を聴いてください」

といって「ユーメイ・ドリーム」を鮎川さんが歌う。

もう会場中が涙、涙、僕も涙が止まらずそれでも一緒に歌った。

最後の曲はサンハウス時代の名曲「アイラブユー」



会場中が割れんばかりの大合唱!!

アンコールは、「My way」

ライブ終わってからしばらくして会場に鮎川さんが出てきた。

最近出た本を買ってサインしてもらって、鮎川さんとベースの奈良さんにはさまれて記念写真!


一生の思い出!宝ものや~!!!

その本がコレ



鮎川さんが語るシーナの思い出が本になった。

シーナの若き日の写真や、3人の娘たちとの家族写真。

これも宝物。

12月の大阪も必ず行きますよ~!

サンキュー!シーナ&ロケッツ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりに弾いたこの曲 | トップ | ウッザー練習 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ライブ観戦」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。