みようみまね屋のスパイシーコロッケ買いに行っていいですか!?

専業主婦が、色々思いついた創作話を書くブログです。

JUMPファンと、JUMPファンでない人への、あいうえお作文5

2017-05-31 12:49:31 | 日記

よかったら、読んでみてね

 

サンシャイン池崎

 

(サン)算数は得意なの?

(シャ)社会は得意なの?

(イン)インド料理は得意なの?

(イ)  一生懸命がんばってるので

(ケ)ケチャップ多目のオムライス作ってあげるつもりだったのに

(ザ)残念ながら、今日、寝てよう日

(キ)金曜日に遊びに行くね

 

伊野尾慧

 

(イ)石の上に高級お牛のお肉を置いて

(ノ)ノンストップで焼いては食べ焼いては食べしたら

(オ)お酢も入れて、と通りすがりの人に懇願されたので

(ケ)結局、ピーチガール観てみたの?って通りすがりの人にきいたら

(イ)行ってみて、また2・3日したら観に行くつもり、って言われちゃった

 

有岡大貴

 

(ア)あれっ?

(リ)旅行カバンだと思ったら

(オ)お医者さんのカバン持ってるの?

(カ)かけつけ3杯ラーメンを食べたお客さんに

(ダ)大好きなドラマはなぁーに?ってきいたら

(イ)一番好きなドラマは、これから始まる

(キ)君もきっと好きになる、孤食ロボットとコードブルー


夏も近づく、八十八夜♪ 夏が来たら、何しよう?今年こそ、1回はうな重を食べに行きたい、ほうほうほでした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JUMPファンと、JUMPファンでない人への創作小話25

2017-05-29 13:24:29 | 日記

よかったら、読んでみてね

 

ゆうこ:私は、商店街の片隅で占いをやっている、「優柔不断ゆうこ」。 今回は、スマートちゃんと、負けず嫌いちゃんと、ふかふかちゃんと、ゆうこのお話です。

 

ゆうこ:カーネギー、知ってる?これ、スマホって言って、すごーい文明の利器なの。ちょっと前までは、「スゥーバホッ」だって勘違いしてたけど…。カーネギーも触ってみる?どっこいしょ。はいどうぞ。

 

(カーネギー)とりあえず、ゆうこのスマホを持ってみる。

 

ゆうこ:わっ、すごいすごい。よく持てたねぇー、カーネギー。あっ、もういいの?はい、疲れたね。千歳飴どうぞ。あっ、そうだ。みんなと川下りしなきゃ。スマートちゃんと、負けず嫌いちゃんと、ふかふかちゃんに…と。とっとっと…。

 

スマート:はいもしもし。あっ、ゆうこ、どしたの、何かあった?

 

ゆうこ:あれっ?スマートちゃん、こんにちは。どしたの、Telになんか出て。

 

スマート:えっ、でも、ゆうこがTelしたんだよ。もしかしてだけどさぁ~、ラインしようとして、Tel、間違えてした感じ?

 

ゆうこ:うん。そうそう。川下りしたかったのにぃ~。間違えて、Telしちゃった。

 

スマート:まぁいいけど。さっきから気になってんだけど、川下りってもしかして…ラインのこと?

 

ゆうこ:そうそう。ラインって英語でしょ。ゆうこには難しすぎて、川下りの方がなんか安心するし、しっくりくるのよね。明日午前11時に、スマートちゃんと、負けず嫌いちゃんと、ふかふかちゃんの4人で…

 

スマート:うんうん。11時ね。

 

ゆうこ:きっさ「かまいたち」の前の宝くじ売り場に集合ね。

 

スマート:はいはい、了解。じゃあー、明日ね。ばいばーい。

 

(次の日 AM11:17 宝くじ売り場前)

 

スマート:全然来ないなぁ~、あの2人。

 

負けず嫌い:ほんとだねぇ~、場所わかってないんじゃない?

 

スマート:絶対あの2人、寝坊してるか、なんか食べてて遅くなってるんだよ、きっと。こっちはちゃぁーんと時間通り来てんのにさぁ~。あー、むかつく!!

 

負けず嫌い:あっ、きた!!えっ?すっごい形相でこっちにくるぞ。

 

ゆうこ・ふかふか:ごめんごめん、遅刻しちゃったぁ~。

 

スマート:もう、こっちは時間厳守で来てるのにぃ~。何回言っても遅刻するんだからぁ~。うん?!何、何なの、ゆうこのその恰好。

 

ゆうこ:ホゥーホゥー、ホホ。ホゥーホゥー、ホホ。

 

ふかふか:カッコウじゃなくて、キジバト。

 

ゆうこ:ピンポーン。正解。さすがふかふかちゃん。キャハ!!

 

スマート:盛り上がってるところ悪いんだけど、ゆうこの頭に付けてんの、なにそれ?

 

ゆうこ:よくぞ聞いてくれました。頭に緑のシャンプーハット。ダライラマ風の、セクシー左肩出し、黄色のドレス。そして背中には赤いランドセル。どう!?エヘン、決まってるでしょ。

 

負けず嫌い:これ、2秒後に絶対職質されてるコーディネートだよね。

 

ゆうこ:まぁ、そんなに褒めないで。工場長だなんて…。

 

ふかふか:ちが~う。コーディネート。しかもゆうこ、右手に何持ってんの?

 

ゆうこ:ああ。これ。これはサンタフェ家の恒例の、毎月9のつく日に食べる。長寿巻きよ。おいしそうでしょ。中身は、糸コンとソーメンとカンピョウよ。細く長く生きるってことで。

 

三人:げっ!!絶対いらない。10万年、食べたくならない。

 

ゆうこ:まぁ、まだ経験値浅めの若い3人は、この味はわかんないよね。

 

スマート:なんで平日のお昼前に、しかも宝くじ売り場前で、そんな恰好できるの?いちいちイラつくなぁ~。

 

負けず嫌い:まぁまぁ、スマートちゃんもそんなに興奮しないで。

 

ゆうこ:えっ、みんな、このいでたちの意味がわかんないの。宝くじを買いに来て、宝くじ前に集合の時は、もれなくこれでしょ。ジャーン、高らかに右手の長寿巻きをあげれば。あれでしょ。

 

三人:もーう、わかんないし、時間ないから早く言って!!

 

ゆうこ:じゃじゃじゃーん。サンタフェ幸運の女神、ゆうこよ。女神が来たから、三人絶対に何かしら宝くじ大当たり間違いなし。どうだ!!

 

スマート:どうだ、って…。交番に連れて行かれることは、間違いないと思うけど。

 

負けず嫌い・ふかふか:うんうん。

 

負けず嫌い:時間ないからさ。宝くじ買おうよ。一人4000円分まででしょ。

 

ゆうこ:若いイケメンのみんな、お先にどうぞ。女神のゆうこは、最後でいいから。

 

スマート:ゆうこの寸劇に付き合ってると、運気が逃げるから。チャチャと買おうよ。

 

負けず嫌い・ふかふか:うん。そうしよ。お昼ご飯は、かまいたちの「特大オムライス」と、「特大パフェ」がいいかな。

 

ゆうこ:じゃあ最後は、幸運の女神ゆうこがビシッと決めるわよ。おねえさーん、宝くじ、バラで500g…じゃなくて、30枚ください。

 

(売り子のお姉さん)はい、バラで30枚ね。9000円になります。

 

負けず嫌い:あれっ、ゆうこ。4000円までだよ。ダメだよ、約束守んなきゃ。

 

ゆうこ:えー、だって、ゆうこはお年寄りだから、多目に買う、買う時、買えれば、ニラレバ大好き!!

 

スマート:いい。このさい。どうでもいい。ゆうこに関わってると、時間が無限大に足りないし、めちゃくちゃお腹すいた。もう、「かまいたち」に行こうよ。

 

負けず嫌い・ふかふか:そうだね。ゆうこ、先に行ってるよ。

 

ゆうこ:待ってぇ~。売り子のお姉さんに、シャンプーハットの使い方教えてる最中なのに~。待ってぇ~~。女神も楽じゃないわぁ~~。

 

一人で宝くじ売り場に行きたいような、行きたくないような、「優柔不断ゆうこ」でした。


前回は八乙女光くん編でしたが、今回は、スマート、負けず嫌い、ふかふかのメンバーミックス編です。

朝寝して、お昼寝して、夕寝しても、目の下のクマがくっきり、ほうほうほでした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JUMPファンと、JUMPファンでない人への創作小話24

2017-05-25 13:22:30 | 日記

よかったら、読んでみてね

 

ゆうこ:私は、商店街の片隅で占いをやっている、「疑心暗鬼ゆうこ」。 今日も、世の中の迷える子羊を待っています。夕方4時30分。小腹から大腹になりかけたころ、お客さんがやってきました。

 

ありお:あの、こんにちは。今いいですか?

 

ゆうこ:あっ、どうぞ。まぁーイケメンねぇ。あなたのお名前は?

 

ありお:ブルーカットメガネのことを、ついつい「ブルーレイ」と言い間違えるので、みんなからは、「ついついちゃん」って呼ばれてます。

 

ゆうこ:そうなんだぁ~。じゃあ、ついついちゃんの悩みを聞かせて。

 

ありお:はい。恋の問題集が難しすぎて、悩んでるんです。

 

ゆうこ:うーん?!恋の問題集ねぇ。ほんとほんと、あれはいくつになっても最後まで解けないし、そもそも…。

 

ありお:問題文の解き方、これで合ってんのかなぁ~っていつも悩むし、最新の教科書がいいのか、それともかなり昔のでもいいのか。

 

ゆうこ:好きになる人もそれぞれ違うから、解き方も1つってわけじゃないし…。

 

ありお:そうそう、さすがゆうこ。恋愛偏差値、高目ですね。

 

ゆうこ:まぁ、いつの間に私の名前を。じゃあ、ついついちゃんには、とりあえず好きな人はいるわけね。

 

ありお:えぇまあ、恥ずかしながら。

 

ゆうこ:いいわよ、いいわよ。好きな人がいるだけでも、毎日の生活が華やぐんだから。それに引きかえゆうこなんて、ぶつぶつ…ほうほう、ほっほっ。ほうほう、ほっほっ。

 

ありお:えっ、どしたのゆうこ。しっかりして!

 

ゆうこ:あっごめんごめん。一瞬でキジバトになるくらい、恋バナ関係がさみしい毎日なので。えーと、それで何だっけ…?

 

ありお:たまーに何人かで遊ぶ友達の中に、すっごいタイプの女の子がいて。

 

ゆうこ:うんうん。

 

ありお:この前、コンビニでお昼ご飯買い出しに行って、公園でみんなで食べたんですけど。

 

ゆうこ:あー、いいわねぇ、青空デート。うらやましい。何人編成なの?

 

ありお:7人です。男の子が2人で、女の子が5人なんで。

 

ゆうこ:くぅ~。ますますうらやましい。両手に花どころの話じゃないわよね。じゃあ、ついついちゃんの意中の人を、とりあえずA子ちゃんとしようか。

 

ありお:あーはい。ハンバーガーとかフライドチキンとか、オニギリとかサンドイッチ。それに、飲み物もたくさん買って食べ始めて…。

 

ゆうこ:じゅる。おいしそう~。おなかなる~。ほうほう、ほっほっ。ほうほう、ほっほっ。

 

ありお:おなかが超すいてたんで、みんな慌てて、それぞれ食べたいもの食べてて。

 

ゆうこ:うんうん。

 

ありお:何気に、A子ちゃんの方を見たら、なんか、まあ、自分的には…。

 

ゆうこ:ついついちゃんの中に、違和感が芽生え始めたってわけね。

 

ありお:そうなんです。別に、別に良いっちゃあ良いんですけど。好みは人それぞれなんで…。

 

ゆうこ:芽生えるとき、芽生えれば、芽生えろ!!ふう、まさしく恋の三段活用。俄然、お勉強っぽくなってきたわね。心のノートに書き写して、ついついちゃん。

 

ありお:えっ!?ペンとノートと教科書、家においてきたんですけど…。

 

ゆうこ:今、ゆうこ先生の話に集中してなかったわねっ!!ノートはノートでも、心の、ハートの。絶対的に、ハトじゃいわよ!!

 

ありお:ほうほう、ほっほっ。

 

ゆうこ:えーい、だまらっしゃい!!そこにキジバトのものまね挟まなくていいから。だいたいねぇ~。4時間目の体育でプールにさんざん浸かって、50m泳いで、それで給食挟んだ後の、5時間目の生物の授業は、ほぼ…。

 

ありお:ひたすら眠気との闘いで、拷問ですよね。

 

ゆうこ:ついついちゃん、正解!!真面目に聴けば、できるじゃない。

 

ありお:あっ、ありがとうございます。その時に、A子ちゃんの食べてたものっていうのが。

 

ゆうこ:うんうん。

 

ありお:メンタイコおにぎり5個と、牛乳2Lで。

 

ゆうこ:えっ!?それは、あのう~そのう~。こういっちゃあなんだけど、あるよねぇ~、違和感が。単体で食べる分には、両方おいしいし、ゆうこも好きだけど。

 

ありお:A子ちゃんは可愛くて、性格も良くて、本当に僕の超タイプだったんですけど、その組み合わせが、どうにもこうにも…。牛乳飲んでは、メンタイコおにぎり。またまた、牛乳飲んでは、メンタイコおにぎりって…。偏見だと思うんですけど、僕の考え方が。

 

ゆうこ:まぁーね。自分が好きなもの、自由に食べてるだけだから。100%良いっちゃあ、良いんだけど。うーん。いっそのこと、メンタイコおにぎりじゃなくて、メンタイコスパゲッティだったらねえ。まぁーよかったっていうか、腑に落ちて良いんだけど…。

 

ありお:メンタイスパに牛乳と、そこに卵落として、塩コショウ振ればあーら不思議、美味しくて、すごく優秀な食べ物になると思うんだけど。まぁ、僕も恋バナ関係は、優等生には、絶対になれないと思うけど。

 

ゆうこ:いいのよ、ついついちゃん。ゆうこも、そこんとこは確実に、J組の優等生になれないし、むしろ、優等生なんかなりたくないもん。しょうがないのよ。だいたいねぇ~。

 

ありお:あー、はい、ゆうこ先生。授業時間あと5分です。巻いて下さい。

 

ゆうこ:わかってるわよ!!人生も恋バナも、教科書通りとはいかないのよ。でもね、その方が絶対面白いし、あとあと人間的にも大きくなるわよ。大きくなるでついでに訊くけど、A子ちゃんは、胸は、そのー、大きいほうなの!?

 

ありお:えっ!?なんでそんなこと急に訊くんですかぁ~!?わかんないですよ。あっ、でも、わかってても教えません。絶対に!!(顔が真っ赤)授業終了時間なので、帰ります。起立、礼。ゆうこ先生、またね。ばいばーい。

 

ゆうこ:ついついちゃん、またね。ばいばーい。あっ、でも、放課後の掃除しないで帰っちゃったわ。ちなみにA子ちゃん、ハト胸かどうか聞きたかっただけなんだけどなぁー。あー、今日は一人で「おおブレネリ屋」の、三色他人丼食べて、胸もお腹も、大きくふくらますぞー!!

 

ハト胸の人って、本人自覚してるのかなぁ?「疑心暗鬼ゆうこ」でした。


 

前回は有岡大貴くん編でしたが、今回は八乙女光くん編です。

庭の草取り後4日目の朝、生まれたての仔馬になった、ほうほうほでした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JUMPファンと、JUMPファンでない人への創作小話23

2017-05-22 13:51:28 | 日記

よかったら、読んでみてね

 

ゆうこ:私は、商店街の片隅で占いをやっている、「カレンダーが真っ赤ゆうこ」。 今日も、世の中の迷える子羊を待っています。夕方4時30分。小腹から大腹になりかけたころ、お客さんがやってきました。

 

ゆうこ:おお 谷間は すっかすっか♪ 谷じゃないよ。丘じゃないよ。

おお みればみるほど Aカップ ♪ ええじゃないか ええじゃか~。

はぁーあ、ひま。ひまだよねぇ~。適当な歌うたうのも、飽きてきたわぁ~。

 

ありお:あの、こんにちは。今いいですか?

 

ゆうこ:あっ、どうぞどうぞ。えーと、あなたのお名前は?

 

ありお:にわとりが先か、たまごが先か?レポートしたいから食べるのか、食べるからレポートするのか?どっちなの、結局、ということで、友達からは、悩みが深いねってことで、「ふかふかちゃん」って呼ばれてます。

 

ゆうこ:まぁ、ふかふかちゃんていうの。かわいらしい名前ね。じゃあ、食レポ関係のことで悩んでるの?

 

ありお:うーん、それもあるんですけど、今日はまた、別のことで…。

 

ゆうこ:うんうん、わかるわぁ~。お昼にこっちの極太ソース焼きそばを食べるか?それとも、こっちの極太ソースやきそば+かやくご飯を食べるか?悩みに悩んじゃうもんね。

 

ありお:それは、ゆうこのお腹の空き具合で決めればいいと思うけど。

 

ゆうこ:まぁ、いつの間に私の名前を。はっきりして、ふかふかちゃん。この恋のバトルが苦しいの。ゆうこと、みみずばれ商店街の、「おかきかきこみ屋」のさきちゃん、どっちが好きなの?

 

ありお:えっ…。おかきかきこみ屋のさきちゃんって、誰ですか?全然わかんないんですけど…。

 

ゆうこ:えっ知らない?「かきこみのおさき」って言ったら、みみずばれ商店街ではちょっとしたもんよ。スタイル良くて、目も大きくて、三度のご飯より正座好きなの。

 

ありお:星座。あっ、やぎ座とかふたご座とか?

 

ゆうこ:ちがうの。和室の部屋に畳あり、たたみに正座で百人一首。

あきのたの かりほのいほの とまをあらみ わがころもでは~。ばしっ。とったぁ~~~。

 

ありお:なんだかどんどん話がわけわかんない方向にいってるぞ。どうしよう!?

 

ゆうこ:ごめん、ごめん。一気に話を戻すわよ。ふかふかちゃんの悩みを聴かせて…。

 

ありお:あーはい。よかった。

 

ゆうこ:そして、アイスレモンティーどうぞ。コーヒー飲めないんでしょ。

 

ありお:えっ、いつのまに、ぼくの好みを。じゃあいただきまぁーす

 

二人:ごくり、ごくっごく。ふうー、おいし。

 

ありお:今日、午後2時から、「みようみまね屋」のスパイシーコロッケ50%OFFで…。

 

ゆうこ:えっ、そうだった。そうだ。わすれるとこだった。教えてくれてありがと、ふかふかちゃん。

 

ありお:それで…。

 

ゆうこ:うんうん。

 

ありお:コロッケを20個買うのか、30個買うのか忘れちゃって…たは!!

 

ゆうこ:たはっ!!って。誰に買ってこいって頼まれたの?

 

ありお:あっ、お母さんにです。

 

ゆうこ:ふぅー、ふかふかちゃん、もう、一大事は解決したわ。

 

ありお:えっ、こんな難事件を…。

 

ゆうこ:今すぐお母さんに電話して、コロッケ何個買っていけばいいって訊くのよ。もう、こどもの使いじゃないんだからぁ~。

 

ありお:あっ、そうか。そうですよね。良かったぁ~。とりあえず電話して、みようみまね屋に行ってきまーす。

 

ゆうこ:気をつけてね。おサイフ、落とさないようにね。

 

ありお:ありがとうございます。ゆうこ、またね、ばいばーい。

 

ゆうこ:ばいばーい。ふかふかちゃん。またね。ふぅー、喜んで走っていったわ。そうか!?今日は母の日だったわ。それで、ふかふかちゃん、あんなに一生懸命に走っていったのかな。うんうん。

 

私もいつかお母さんになるのかなぁ~。おーとっ、その前に恋人さがさなくちゃぁ~。急げ、ゆうこ。

 

母の日、父の日、子供の日。カレンダーが真っ赤ゆうこでした。


前回はメンバーミックス編でしたが、今回は有岡大貴くん編です。

母の日からは8日目。カレンダーどおりにはいかない、ほうほうほでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JUMPファンと、JUMPファンでない人への創作大話22(後編)

2017-05-18 13:48:12 | 日記

よかったら、読んでみてね

 

今日は、ゆうこと、ネコジタと、タレコミと、ドーナッツの4人で、温泉旅行です。

 

(チェックアウト13分前)

 

ゆうこ:じゃあ、問題ね。「入れ歯磨き屋」の向かいの、「かゆいのところに孫の手屋」の若旦那「よざえもん」の好きな外国人アーティストはだれ?

A.金のホップ B.銀のステップ C.イルカ色のジャンプ

三択よ。簡単でしょ。かなりのサービス問題よ。

 

タレコミ:えーと、だれだっけかなぁ~?

 

トーナッツ:意外と難しいぞ、これ。

 

ネコジタ:えー、かんたんっしょ。余裕だよねぇ~、これ。答えていいの?ゆうこ。当てちゃうよ。

 

ゆうこ:えー、それはこまるぅ~。日焼け止め忘れてきた、大磯ロングビーチよりこまるぅ~。

 

ドーナッツ:あーはい。

 

ゆうこ:あっ、じゃあ、ドーナッツちゃん、どうぞ!

 

ネコジタ:ちょっ!?そっちが先って…。

 

ドーナッツ:答えは、Cの、イルカ色のジャンプでぇーす。

 

ゆうこ:あうっあうっ…。

 

三人:ゆうこ、残念でした。

 

ゆうこ:くう~~!!正解。よざえもんの好きなのは、Cのイルカ色のジャンプよ。じゃあこれが、本当に本当の最後の問題。

 

三人:だめ~~。これで僕たちが勝ったら、帰ることになってたでしょ。

 

ゆうこ:え~、でもでも…。もう1泊したいよ~。泊まりたい、サルバトルにぃ~。帰りたくないよぉ~~!!!うげっ、うげ~ん。

 

ドーナッツ:泣いてもだめだよ、ゆうこ。また今度泊まりにくればいいじゃん。

 

タレコミ:そうだよ、そうしよ。

 

ゆうこ:いやだ、とまるぅ~!!帰ったら又、日常の生活に戻るんでしょ、つまんないよぉ~。

 

ドーナッツ:だって、そもそもサルバトル、1泊2日だったんだよ。ゆうこがかってに2泊っだって思ってただけで。みんなだって、明日から仕事あるし…。

 

ネコジタ:カーネギーだって待ってるよ、ゆうこの帰りを…。千歳飴、10本もおみやげに買ってたでしょ。秋の旅行は、2泊とまることにしてさぁ~。

 

ゆうこ:ぐすっぐす。わかった。ぐすぐすっ。じゃあそのかわり、イボイノシシスタンプと、ネコのスタンプ、取り替えてくんない。あれ、かわいくないもの。

 

三人:ぷぅー。やっぱり気にしてたんだぁ~。

 

ゆうこ:あと、売店で、五家宝買ってきて。今たべたい。

 

ネコジタ:五家宝?

 

ドーナッツ:ゆうこの好きな和菓子だよ。緑色で、ちょーやわらかいの。

 

ゆうこ:あれが好きなの。ちょーおいしいの!!

 

三人:ないよ、五家宝は。あっても、ねり梅までだよ。

 

ゆうこ:やだぁ~。五家宝食べたいよ~。ぐすぐすっ。

 

タレコミ:こうなると、手がつけられないんだよね。じゃあさ、ファンタグレープ買ってあげる。ゆうこ、好きでしょ。飲み物の中で一番。

 

ゆうこ:ちがう。ちがうもん。今ゆうこが飲みたいのは、ミリンダなの。ミリンダが飲みたいの。えーん!!ミリンダないなら、もう1泊する、サルバトルに。

 

三人:ミリンダなんてないよ。何時代の話…?

 

ネコジタ:もうこうなったら、あれだ…。

 

ドーナッツ:あれを出すか。あの秘密兵器。落ち着いて聞いて、ゆうこ。

 

ゆうこ:何、ぐすっぐすっ。

 

ドーナッツ:ゆうこの家の郵便受けから、これを持ってきたよ。ハガキ。なんて書いてあると思う?

 

ゆうこ:えっ、なに。わかんない。

 

三人:「ゆきずり市 バロック町 サンタフェ家のみなさまへ。超確定桃色深刻協会からの重要なお知らせです」だって。

 

ゆうこ:ひぇ~~~。まじ?うそうそ。どうしよう!?またきたの!?超確定桃色深刻協会から…。どうしよ…。(青ざめる)昨年は大丈夫だったのに…。

 

タレコミ:ゆうこんち、ここ最近、とんでもないことしたんじゃないの。

 

ゆうこ:う~ん?そうかも。ゆうこは、すごく立派なことしか毎日しないから、大丈夫だけど。あとの家族がとんでもない人達のかたまりだから。特にお父さんとか、あっでも、もしかしてお姉ちゃんも、今年の深刻度、高かったんだ。サンタフェ家。どうしよう?ドーナッツちゃん。

 

ドーナッツ:こういう時は、一番かしこい、ネコジタちゃんに訊いてみ。

 

ゆうこ:ネコジタちゃん、助けて~、おねがい!!

 

ネコジタ:一番下の※印に、なんか書いてあるよ。読むね。

 

ゆうこ:うんうん。

 

ネコジタ:「※ただし、このハガキを読んだ1時間以内に、4人以上の人を喜ばせることをしたら、このハガキは無効になります。深刻度は0%になり、桃色深刻バスツアーに参加しなくてもいい」って。

 

ゆうこ:えっ、いいの?ほんとにいいの?あの地獄の「桃栗5・6年バスツアー」に行かなくていいの?ネコジタちゃん、おしえて。

 

タレコミ:ここに、今三人しかいないよ。ゆうこ以外で。どうするの?

 

ネコジタ:タレコミちゃんと、ゆうこ二人で、売店に行って、ファンタグレープ買えばいいんだよ。そしたら、売店のおばちゃんに、「ありがとうございました」って喜ばれるでしょ。

 

三人:うんうん。それでそれで。

 

ネコジタ:そしたら、この4人で車に乗って、サルバトルから家に帰れば、ぼくたち3人も喜ぶでしょ。ということは…。

 

ゆうこ・タレコミ・ドーナッツ:1人+3人は4人で…。やったぁ~。4人以上で目標クリア~!!パチパチ。

 

ゆうこ:ありがと…みんな。ゆうこうれしい。ファンタ買って、サンタフェ家に帰るう~。チェックアウトするね。いそげ~!!

 

三人:これで一大事かいけつ!!

 

ゆうこ:こんどは、カーネギーもつれてこようね。

 

また会う日まで、サルバトル温泉。


あさねして、おひるねして、ゆうねしても、目の下のクマがくっきり。ほうほうほでした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加