みようみまね屋のスパイシーコロッケ買いに行っていいですか!?

専業主婦が、色々思いついた創作話を書くブログです。

JUMPファンと、JUMPファンでない人への創作ぬか漬けシミュレーション

2017-07-07 12:42:54 | 日記

よかったら、読んでみてね

 

かっこいい、平成ジャンプのみんなが、ぬか漬けを漬けたら(創作話)

 

山田涼介

料理上手だが、ゲームにも熱中するあまり、たびたび知念くんと、圭人くんに、ぬか床をかき回してもらい、味が微妙になる。「おかあさーん」と絶叫して、お母さんに代わりに漬けてもらうことに…。

 

知念侑李

運動神経が抜群なため、超高速、金メダル級にぬか床をかき回してしまい、中に漬けてたきゅうりやナスが飛んでしまい、断念することに…。

 

岡本圭人

慎重かつ大胆なため、すべり台をすべりながら、ぬか床をかき回して、みんなから、「危ないから、それだけはやめて」と言われ、「Sorry」とあやまることに…。

 

八乙女光

持ち前の器用さとストイックさで、着々とぬかづけを作っていく。ある日、疲れすぎてもうろうとした中、きゅうりやナスの隙間にジェンガを押し込んで、漬けてしまう。二日後、食べようとして、タッパを開けて取り出し、口に入れたら、ジェンガだったので、「ぜんぜん違う!」と絶叫して、辺りを見て、途方に暮れることに…。

 

伊野尾慧

漬ける野菜を買いに行って、大好物のトマトを買ってきて、ふつうに食べてしまう。

 

高木雄也

人当たり良く、優しいので、商店街の八百屋さんのおじさんおばさんと、仲良くなる。漬けようと頑張るが、おじさんおばさんが大量にぬか漬けを贈ってくるため、断念することに。

 

有岡大貴

頑張り屋さんなので、疲れすぎて、明日の朝、絶対漬けようと思うが、朝起きられない。とりあえず、寝言で「ぬか漬けちゃん」とつぶやいてみる。

 

中島裕翔

真面目で、努力家で、何でもそつなくこなしてしまう。当然、ぬか漬けを美味しく漬けてしまう。が、寂しがり屋で、愛情があふれすぎているため、家にぬか漬けを一人にしておけなくて、ぬか漬けを背負って仕事場に。「平成のぬか漬け屋金次郎」と呼ばれる事に…。

 

薮宏太

そもそも三年前から漬けている。今では、ぬか漬けの話から、サッカーの話まで、よどみなく解説するけど、余談も多い。


 

「降ってわいた話」って、どんな話?疲れすぎて、わけがわからなくなっている、ほうほうほでした

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JUMPファンと、JUMPファンで... | トップ | JUMPファンと、JUMPファンで... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。