れもん日和

日々の生活の報告

秋の良き日に

2016-11-05 16:35:12 | 日記
     絵具を使ったような一面の青空

今日は、とても楽しみにしていた近くの小学校の音楽会でした。
学年ごとに、合唱と、合奏の発表があったのです。

私の教室に通っているこどもたちは、いくつかの小学校から通っていて、
音楽会が土曜日なので、レッスンの都合をつけるにも、すべてに伺うことができず、
今年は最後になる6年生が5人もいる(それから2年生と3年生も)Y小学校に行くことに決めていました。

とにかく素晴らしかったです。
歌声は天使のよう。歌は一番ダイレクトに思いが伝わるので、本当に初めから涙で、「これはまずい・・・
6年生のときボロボロ泣いていたらあまりにも恥ずかしい」と心配になりました。
私の生徒さんの2年生、ニコニコして元気いっぱい、3年生の男の子も気持ちを込めて歌っているのが
よく伝わってきました。

そして6年生。格段と大人っぽい歌い方で、合唱の奥行が感じられ、表現力が豊かでした。
とてもハードルの高い曲である、「ラプソディー・イン・ブルー」も、鮮やかな演奏で驚きでした。
私の生徒さんは、ピアノをはじめ、みんな特別楽器にトライしたので、活躍の様子が嬉しくもありました。
とても集中していて、会場を圧倒する演奏。
ボロボロにはなりませんでしたが、一生懸命な姿にやはり、感激の涙が出てしまいました。

がんばった結果、より音楽を楽しめることを実感したみなさんだと思います。
ステキな音楽を、どうもありがとう!!


   
       本日の音楽・・・・・・・・・・・ラフマニノフ      ヴォカリーズ      ミッシャ・マイスキー(Vc) パーヴェル・ギリロフ(Pf)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お客様に囲まれて | トップ | 秋の日、そして冬の気配の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。