世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Prasenjit Mahato 元九大が論文2編改ざん、撤回!

2017-04-01 00:10:00 | 社会

Prasenjit Mahato 元九州大学大学院工学研究院学術研究員33)が論文2編を改ざんした。1編の論文が撤回され、残りは撤回予定。Prasenjit Mahatoは2016年7月末までの契約で同年8月にインドに帰国。雇い止めは事実上の解雇。

調査結果写し)、トップ写し

調査結果によると発生原因は

--

1)実験が難しく、再現性を確認するためには長期間の研究期間を要すること。
2)研究データの再現ができない状況の中、論文の改訂稿の投稿締切期日が迫り、無理をしてでもデータを出したいと考えていたこと。
3)日本で研究を行った平成24年から平成27年まで全く論文を作成できず、このままでは母国(インド)へ帰国したとしても、仕事を得られず家族を養えないと考えたこと。
以上のこと等により心理的に追い詰められたことが、今回の不正行為の発生要因と考えられる。

--

撤回されたNature Materialsの論文の責任著者はPrasenjit Mahatoが所属した研究室の上司である教授の君塚信夫(Nobuo Kimizuka)と准教授の楊井伸浩(Nobuhiro Yanai、左から2人目

産経写し)、毎日産経その他写し)、NHK写し

『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京大 八ツ橋に関するレポート | トップ | 佐藤天彦名人、将棋ソフトに... »