世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サイエンス、プラ粒子論文を撤回!捏造!!

2017-05-05 13:00:00 | 社会

サイエンス誌がスウェーデンのUppsala UniversityのOona LönnstedtとPeter Eklöv論文を撤回した。論文は微小プラスチックごみが稚魚の成長に悪影響を及ぼすという内容。

2016年12月にExpression of Concernが出され、2017年5月3日に撤回された

撤回理由

(1)実験に対する倫理承認の欠如
(2)論文で報告された実験のオリジナルデータの不存在
(3)実験がいかに実施されたかに関する広範な透明性の欠如

サイエンスのニュースによると実験を実施したOona Lönnstedtが十分な期間実験を実施した施設にいなかった事が疑われた。実験の実施が不可能であるから捏造が疑われた。調査でオリジナルデータの不存在、実験方法の広範な不透明さが明らかになったので捏造だった。現在でもUppsala Universityの調査は続いているようだ。

Oona Lönnstedtプロフィールによると2009年にオーストラリアのJames Cook Universityで学士を得たので、1986年頃の生まれ。不正行為時が約30歳、現在約31歳。約30歳の女性が著名学術誌で捏造をしてしまった事件というと小保方晴子を思い出す。著名学術誌ではないが、別のO 30代女性研究者の捏造も約30歳の時だった。

共同朝日も報道した。国際的に騒がれているのかもしれない。不正の動機はおそらく名声や地位、予算が欲しかったのだろう。環境系の捏造だから、著者、政府関係者、国際環境団体等が提言したい政策にとって有利な成果を出したかったという動機もあるかもしれない。放置されていたら間違った研究や政策の実施で大損害が出たおそれがあったから、迅速に撤回されて良かった。Oona Lönnstedtらは調査結果に同意していないようだが、実験が不可能などの証拠が出てしまうとアウトだ。「結果が正しくても疑いが残る限り信頼されない」と言ったようだ。

O 30代女性研究者のような事件は他の国でもあるんだなー。

『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小林伸也 慶應大が論文盗用... | トップ | 高級なステーキの美味しい食べ方 »

関連するみんなの記事