エコなニコニコ日記 社会企業エコフェアネットワークのブログ

厳しい時代を生き抜き、よい社会を作るために環境問題や格差問題の代替案である私の事業や参考になるだろう情報を書いています。

12月17日農作業及び、京都議定書離脱の是非についての勉強会などを開きます。

2011-12-14 16:56:09 | Weblog
この度、12月17日13時45分から、18時まで東京都稲城市で、農作業を通じた自然と共生する生き方を体験する活動と、勉強会として、内容は先日京都議定書の延長についてCOP17で各国が話し合い、予想以上の成果を出したのに、日本は現状離脱を打ち出していますが、その是非について学び、話し合う会と、近くのお店で楽しいカラオケなどの、参加者の皆さんの交流会を行います。

直近になってしまい、申し訳ありません。

勉強会の内容としましては、現在CO2増加は途上国の急激な工業化で急激に伸びています。このままだと2030年には地球の平均気温は2度上昇し、地球は壊滅的な打撃を受けるという説も多くあります。
定説として、石油は約40年、天然ガスは75年しか資源はないと言われています。この状況で政治や経済や社会は大規模に抜本的な温暖化対策を、世界と協調し、行わなければいけないと思います。
日本は環境面でも技術立国として世界の先駆けにならなければいけない立場なのに、無責任にも京都議定書から離脱を宣言し、世界の多くの国が様々な困難を克服し、COP17で大きな前進した政策の制定に至ったのに、現状日本はカヤの外にいるに近い状況です。
各国からは、もしこのまま日本が議定書から離脱すれば、排出権取引市場からの排除まで案が出ていると聞きます。
日本政府は、米や中国などの参加が見込まれて、もっと多くの国が参加して、新しい温暖化対策のルール作りには参加したいと言っていますが、これは短期的視野で自分勝手な発想であると思い、この方針を決めた今の日本政府に強い憤りを感じます。
今のこの状況に対して、勉強会を開き、情報提供を通じて、問題への理解を深め、自由に意見交換をしていきます。
どなたでも、お気軽にご参加ください。
このことについて、国民の間で幅広い議論が必要だと思いますし、話し合った内容はブログでもご報告します。
また、今後今回の勉強会でまとまった内容を政治家の方達などに政策提言を行います。

どなたでも、ぜひお気軽にお参加ください 。

途中からのご参加でも構いません。

よろしくお願い致します。

詳細
12月17日(土曜日)
午後1時45分 京王線稲城駅改札口集合

14時から16時まで2時間程、農作業をします。
秋物や冬物の野菜の作業をします。

16時20分くらいから17時15分まで勉強会をします。
勉強会のやり方は一方的な伝え方ではなく、双方でやりとりしながら、行っていきたいと思います。
京都議定書離脱に関して、私個人は否定派ですが、肯定の方もいらして、自由に発言されて構いません。
そうした方が議論に深みや多様性が生まれると思います。

17時15分から18時までは、勉強会の延長や、交流会で、話すカラオケするかは、その場でみんなの意見を聞いて、決めたいです。
(お酒やジュースなどの飲み物代は別途各自払って頂きます。)
終了18時予定

勉強会参考文献
政策提言環境NGO「気候ネット」の発信情報
最近の朝日新聞の記事
環境経済学への招待 植田和弘 丸善ライブリー 
徹底討論 グローバリゼーション賛成/反対 スーザン・ジョージ マーティン・ウルフ
エコ検定


参加費
正社員などの経済的に余裕のある方 700円  
非正規労働者、主婦、学生の方 500円 
無業者の方 200円
(あとカラオケ屋さんでの部屋代はかかりませんが、飲み物代は各自かかります。)


参加される方はお手数ですが、以下まで名前と連絡先を知らせてください。
連絡先
lovepeace46497@yahoo.co.jp
090-3963-9265
小林史晃

メール、携帯どちらにでも連絡頂いても構いません。

農作業するので、汚れてもいい服、靴で来てください。
軍手は必要です。
もしあれば、おみやげの野菜を入れる袋
長靴はお持ちなら、持ってきたほうがいいです。

水分は多めに持っていくといいと思います。

農作業はこまめに休憩を入れますし、
仕事ではないので、無理のない範囲で、楽しんで作業することを考えています。

お気軽に御参加ください!

何卒よろしくお願い致します。

社会企業
エコサバイバルネットワーク


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大変な時代を生き抜くスキル... | トップ | 京都議定書の延長が決まった... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL