エコなニコニコ日記 社会企業エコフェアネットワークのブログ

厳しい時代を生き抜き、よい社会を作るために環境問題や格差問題の代替案である私の事業や参考になるだろう情報を書いています。

いろいろ学んできた幸福学の概要をまとめてみました!

2017-02-08 14:53:32 | 生き方


こちらが私なりの心理学や脳科学などから、幸せについて研究した幸福学のまとめになります。

皆様も読んで幸福感を持ってもらえたなら嬉しいです。

「幸せの要因は、地位財、非地位財(環境と健康、心的なあり方)の二つの要素からなる。

現代社会はいわゆる地位財(地位やお金や名誉など)を追う傾向が強いが、年収7万5000ドル(約900万円位)までは、確かにある程度幸せと相関性がある。

しかし心理学ではこの現象をfoucusing illusion(追ってもなかなかつかめないし、仮に手に入っても一時期的な満足で終わる様な、幻想を追っている。)として問題視している。

もっと人間が自分でコントロールできる非地位財(環境や健康よりも心的なあり方)が重要ではないかとも言われる。


また人間の脳から幸福を見ていくと、
遺伝が50%、
環境が10%、
自分でコントロールできることが40%とされる。

ここでも自分が変えられる40%のあり方の研究が進む。

ここでも遺伝や地位財よりも、自分で変えられる心的な幸福について書いていく。


そのあり方は、いわゆる地位やお金や名誉などは、「足るを知る」という言葉にある様にあまり求めない。
ポジティブ心理学ではお金や地位は、幸福にほとんど関係がないともされている。
生きていくのに必要なお金があれば、それで充分という説もある。

それより自分らしく自己実現をして、そのあり方として成長していくことを大切にする。

いわゆる勝ち負けではなく、70億人が70億通りのやり方で、小さくてもいいから自分らしさを見つけて、70億分の1の個性を生かして、社会の中で自分らしく生きていくあり方をいう。

例えば現代のインターネットのSNSなどを活用して、いわばオタクサークルみたいな各人の関心や適性で多様なあり方を作っていき、また自ら内から評価していくあり方も求められると思う。

またそれらや仕事のあり方として、労働(お金を稼ぐ手段)とキャリア(地位や名誉の獲得を第一にする)と天職(自己実現的な自分らしい働き方)の三つがある。
そこでいわゆる一流企業に勤める様なあり方よりも、できたら各自の天職であるあり方として、
意義(社会貢献)、
自分がやりたい内容、
自分の強みを生かせる、
三点が重なるあり方がその人の天職で、皆人によって異なるその姿を追うことが幸福に繋がるとされる。
また各自の考え方によって、一般的にどんな平凡な退屈とされがちな仕事でも、幸せを感じる自分の天職にもできると言われる。

また心理学でフローと呼ばれる、我を忘れて没頭できる様な仕事や活動を持てるかも重要。
幸せはなるのではなく、自分で感じて育むことが大切と思われる。


また人に役立つ、尽くすことは生きがいになり幸福にも繋がり重要で、多様な繋がりを持ち、感謝を心がけることも重要。そして愛情を持つことも大切。

また人間関係を作ることや、人を許すことも大切。またストレスには対策を打つことも重要。


また物事を前向きに捉えて、楽観的に考えることも重要。
また嫌なことがあってもあまり引きづらず、感情の切り替えがうまくできること。
ありのままの自分を自己受容できること。
生病老死などの自然の摂理を受け入れることも大切。


また独立してマイペースを心がけることは重要。
ただ日本は比較的に協調性を重んじる文化なので、マイペースと協調のバランスを適切に取ることも大切。
また人と比べない。考えすぎないなども重要。


また自分の自然の感情(喜怒哀楽)を受け入れることも大切。
また日本人は働き過ぎで幸福度が先進国で最下位らしく、頑張りすぎず運動や瞑想などをして心を整える。

また幸福学を研究するポジティブ心理学では、人間は美徳(知識と知恵、勇気、人間性と愛情、正義、節度、精神性と超越)を育むことで幸福度が増すとされる。
例えばスピリチュアルの様な自分を超えた大きな存在を意識することで、幸せが増すともされる。

またおいしい食事、音楽などの趣味、友人との交友、恋愛など生きる喜びも大切にする。

またポジティブ心理学の研究では、人間は、
快楽(現代消費文化に象徴される快楽主義)
達成(仕事のプロジェクトを成し遂げたりすること。)
意義(ガンジーやマザーテレサの様な大義に尽くすこと。)
では、快楽より達成、達成より意義の方が人生の幸福度が高いとされる。

また幸福を感じている人は、より成功しやすいとも言われている。」

実は私は昨日新しいチャレンジをしてすごく落ち込んで、今日は仕事を休んでしまう程調子を崩していましたが、レジリエンス(回復力、復活力)だけでなく、この幸福学の文章を読み返したらかなり元気になりました。

「物事を前向きに考える」「人を許す」「ストレスには対策を打つ。」「マイペース」などの言葉に本当に救われて、不幸の中から幸せを感じられる様になりました。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 車の鍵で困っていた私を、会... | トップ | 社会不適応児だったが発明王... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生き方」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL