エコなニコニコ日記 社会企業エコフェアネットワークのブログ

厳しい時代を生き抜き、よい社会を作るために環境問題や格差問題の代替案である私の事業や参考になるだろう情報を書いています。

社会不適応児だったが発明王とも呼ばれる様になった、エジソンの生き様から学びたいです。

2017-02-23 07:36:29 | 生き方
私は最近、電力の事業化、蓄電池、映画などを発明したとして有名なエジソンのあり方は実に参考になると、すべてではないにしても学びたいとすごく思っています。

彼は社会不適応気味でしたが小学校を中退しても、最初は母の教えもありましたが、独学で図書館に通ったり専門雑誌を読んだりして科学などを学び、様々な実験をしてものすごく多くのいろいろな失敗もしましたが、「この失敗は、この方法がうまくいかないということがわかった成功だよ。」という名言も残す位、偉大な発明を沢山しました。

同じく小学校しか出ていない松下幸之助もエジソンの、万里万象から真摯に学び自分の頭で考える姿勢を生涯を通して指針にして、彼自身も最初は自分で商品の開発をしていました。

ある意味でエジソンは、社会適応に課題がある個人主義者の理系に強い合理主義者で、ユダヤ人と思考のメンタリティーがいい意味でですが、近いのではないかとも思います。

エジソン
ウィキペディア

エジソンの名言。




コメント

いろいろ学んできた幸福学の概要をまとめてみました!

2017-02-08 14:53:32 | 生き方


こちらが私なりの心理学や脳科学などから、幸せについて研究した幸福学のまとめになります。

皆様も読んで幸福感を持ってもらえたなら嬉しいです。

「幸せの要因は、
地位財、
環境、健康、
非地位財(心的なあり方)
からなる。

現代社会はいわゆる地位財(地位やお金や名誉など)を追う傾向が強いが、年収7万5000ドル(約900万円位)までは、確かにある程度幸せと相関性がある。

しかし心理学ではこの現象をfoucusing illusion(追ってもなかなかつかめないし、仮に手に入っても一時期的な満足で終わる様な、幻想を追っている。)として問題視している。

もっと人間が自分でコントロールできる非地位財(心的なあり方)が重要ではないかとも言われる。


また人間の脳から幸福を見ていくと、
遺伝が50%、
環境が10%、
自分でコントロールできることが40%とされる。

ここでも自分が変えられる40%のあり方の研究が進む。

ここでも遺伝や地位財よりも、自分で変えられる心的な幸福について書いていく。


そのあり方は、いわゆる地位やお金や名誉などは、「足るを知る」という言葉にある様にあまり求めない。
ポジティブ心理学ではお金や地位は、幸福にほとんど関係がないともされている。
生きていくのに必要なお金があれば、それで充分という説もある。

それより自分らしく自己実現をして、そのあり方として成長していくことを大切にする。

いわゆる勝ち負けではなく、70億人が70億通りのやり方で、小さくてもいいから自分らしさを見つけて、70億分の1の個性を生かして、社会の中で自分らしく生きていくあり方をいう。

例えば現代のインターネットのSNSなどを活用して、いわばオタクサークルみたいな各人の関心や適性で多様なあり方を作っていき、また自ら内から評価していくあり方も求められると思う。

またそれらや仕事のあり方として、いわゆる一流企業に勤める様なあり方よりも、できたら各自の天職であるあり方として、
意義(社会貢献)、
自分がやりたい内容、
自分の強みを生かせる、
三点が重なるあり方がその人の天職で、皆人によって異なるその姿を追うことが幸福に繋がるとされる。

また心理学でフローと呼ばれる、我を忘れて没頭できる様な仕事や活動を持てるかも重要。

幸せはなるのではなく、自分で感じて育むことが大切と思われる。


また人に役立つ、尽くすことは生きがいになり幸福にも繋がり重要で、多様な繋がりを持ち、感謝を心がけることも重要。そして愛情を持つことも大切。

また人間関係を作ることや、人を許すことも大切。またストレスには対策を打つことも重要。


また物事を前向きに捉えて、楽観的に考えることも重要。
また嫌なことがあってもあまり引きづらず、感情の切り替えがうまくできること。
ありのままの自分を自己受容できること。
生病老死などの自然の摂理を受け入れることも大切。


また独立してマイペースを心がけることは重要。
ただ日本は比較的に協調性を重んじる文化なので、マイペースと協調のバランスを適切に取ることも大切。
また人と比べない。考えすぎないなども重要。


また自分の自然の感情(喜怒哀楽)を受け入れることも大切。
また日本人は働き過ぎで幸福度が先進国で最下位らしく、頑張りすぎず運動や瞑想などをして心を整える。

また幸福学を研究するポジティブ心理学では、人間は美徳(知識と知恵、勇気、人間性と愛情、正義、節度、精神性と超越)を育むことで幸福度が増すとされる。
例えばスピリチュアルの様な自分を超えた大きな存在を意識することで、幸せが増すともされる。

またおいしい食事、音楽などの趣味、友人との交友、恋愛など生きる喜びも大切にする。

またポジティブ心理学の研究では、人間は、
快楽(現代消費文化に象徴される快楽主義)
達成(仕事のプロジェクトを成し遂げたりすること。)
意義(ガンジーやマザーテレサの様な大義に尽くすこと。)
では、快楽より達成、達成より意義の方が人生の幸福度が高いとされる。

また幸福を感じている人は、より成功しやすいとも言われている。」

実は私は昨日新しいチャレンジをしてすごく落ち込んで、今日は仕事を休んでしまう程調子を崩していましたが、レジリエンス(回復力、復活力)だけでなく、この幸福学の文章を読み返したらかなり元気になりました。

「物事を前向きに考える」「人を許す」「ストレスには対策を打つ。」「マイペース」などの言葉に本当に救われて、不幸の中から幸せを感じられる様になりました。









コメント

車の鍵で困っていた私を、会社の先輩が助けてくれました!

2017-02-07 07:26:22 | 生き方

私は昨日仕事場で車の中に鍵を置いたまま、外から鍵をかけてしまい、車に入れなくなってしまいました。

「ああ、業者さんに来てもらって8000円から10000円の出費は貧乏人の私にはつらいな。」と正直思いました。

レジリエンス力(回復力、復活力)から、
「失敗を過度に反省するより、解決策を考えよう。」
「冷静さを保ち、柔軟に解決する多様な方法を模索しよう。」
「この失敗は君の高い授業料だよ。」
と自分を励ましてやるべきことをやっていましたが。

しかしそれから車がある会社に戻り、仲がいい社員さんと話していたら、彼は自分の仕事がありながら、20分位車でいろいろ工夫してロックを開ける対応をしてくれました。

そしてなんとか開きました!
お礼をしながらも、深く深く感謝しました。

レジリエンスでも、「日頃から周りと助け合える関係がある組織は、危機の時に強い。」と学びました。
私はいろいろありながら不遇を嘆き他者を責めるより、してもらったことに感謝して幸せを噛み締めたいです。
コメント

逆境の私を救ってくれたレジリエンス本の言葉達です!

2017-02-05 18:58:58 | 生き抜く知恵

私は今月からヤマト運輸のアルバイトで、朝5時から午前9時半位まで仕分けの仕事をしています。

荷物を届けるサポートで社会に貢献して、身体も動かすので運動になるし、前向きに頑張ります。

ただ私は相変わらず社会適応のあまりよくない人間で、もう心の余裕のなさから腐りグレない様にして、私の指針である一灯照隅の精神を思い出して、買いためたレジリエンス本(復活力、回復力)を昨日は4冊熟読しました。

「事態は改善すると思う。」
「周りの人を敵と思わず、認め合い助け合う関係を作る。」
「うまくいかない状態でも投げ出さず、冷静さを保ちなるべく悪化を食い止め、妥協点を粘り強くさぐっていく。」
「ありのままの自分にYESという。」
「職人の矜り(ほこり)の様な、仕事に矜りを持つ。」

しぶとく頑張ります!
コメント

一橋大学による農山村の価値と日本社会再生への展望のシンポジウムの概要ついて。

2017-01-29 15:12:36 | エコのイベント

私は環境経済学者である一橋大学の寺西俊一先生による経済学部による公開講座として、私の様な一般の市民の人にも門戸が開かれている、福島の原発の被害の現状から、日本の農山村の活性化とこれからの日本社会を考えるというシンポジウムに参加してきました。

私が大学時代に受けた、ちょっと退屈な授業とはだいぶ違い、いろいろな方達の講演は、本当に示唆深く勉強になり、行って本当に良かったと思いました。

内容は映画上映「奪われた村。避難5年目の飯館村民。」
監督の豊田直巳さんの講演。

シンポジウム。
「農業、農山村の価値と日本社会再生への展望。」
栗田和則さん。
山里の暮らし25年の取り組み。

その後に7者の方による講演や質疑応答もあり、一橋大学の農業サークルの方の話や、日本の農山村の価値を考える、イギリスの集約型の農業の是非について、オーストリアの小さな農業について、などの内容です。

私も質問して大学でこういう勉強をしてきて、自分なりに実践してきた山梨移住や有機農業や自然エネルギーのことを簡単に紹介して、今後の農山村での自然エネルギーによる活性化の可能性について聞いて、もし会を盛り上げられたなら嬉しいです。

この講座は地味なタイトルとは裏腹に本当に楽しく勉強になり、また行きたいなと思いました。


コメント

市民による仕事と余暇だけでない、自治や政治への関わり方について。

2017-01-29 15:10:23 | 生き方
私は最近忙しい方は難しくても、あるべきあり方としてアルバイトと自営以外に、もっと政治や自治に関わることが本当は必要ではないかと思う様になりました。

そこで緑の党さんだけを支持している訳ではないですが、東京に行き興味があった内容の緑の党さんの勉強会に参加させてもらってきました。
研究者や議員の方達のみではなく、現場にいる市民、企業人の経験からの自然エネルギーや国や地方の財政について意見を言えて、ちょっとした政策提言の様で、自分としては貴重な機会になりよかったです。

こういうあり方に感謝して、できたらこういう活動を大切にしたいです。


コメント

児童養護の施設卒業者や生きづらさを抱えた人達の駆け込み寺のNPOフク21について。

2017-01-27 12:08:15 | 生き方

現代日本では華やかな表面とは裏腹に、一年に児童虐待の相談件数10万件、少子化時代にも関わらず児童養護施設では3万人近い子供達が暮らしています。

その背景にはグローバル化が進展した結果、富める者と貧しい者の格差が拡大し、社会の分断をもたらしていることが原因と考えられます。

そこでNPOフク21は、主に養護施設卒業者を対象に、メンタルを患った方、ニート、引きこもりの方達などに、交流会や就労支援やシェアハウスの運営などの事業、活動をしています。

代表の福田茂雄さんは本人が養護施設で育ち、様々な苦労を乗り越え自立して、社会で頑張って活躍してきました。

そして経験した苦しい体験を肥やしに人への優しさに変えて、同じ様な境遇で育った若者達に、無償の愛であるべき道に導いています。また私の様なお金に余裕のない者にも親切にしてくれて、シェアハウスに安く泊めさせてくれたりします。

また現在日本では、「どうせ頑張っても報われるとは限らない。だったら今を楽しく生きよう。」みたいな享楽的な現状肯定型の価値観が、社会にある程度あると思います。

しかしこのフク21の交流会の講演では、養護施設で育って今は自身で物づくりの事業をしている会社の社長さんが自分の経験を語ったり、「人は変われる!」、「努力は報われうる!」みたいな前向きな人生応援のメッセージを伝えています。

私は高度経済成長期の様な努力が結果に結びやすかった時代ではないと思います。しかし「努力は嘘つかない。」という様に、その人がした努力に応じて、結果には必ずしも結びつなかくても、人間としてはそれに応じて成長できると思います。

これからの時代を生き抜くためには、短期的には結果がでなくても、コツコツ自分を磨いていくことが重要と思います。

さらに言えば、「人間としての成功とは地位やお金より、自らの天分(適性、素質、能力)を完全に生かしきることだ。」と松下幸之助さんはおっしゃっていて、私もそうだと思います。

また福田さんの人生が、それを如実に物語っていて、2年前に私が私が彼の事業構想の青写真を聞いた時に、本当にできるかな?と思いましたが、彼はどんどんそのビジョンを実現してきています。

児童養護施設を出た方や、なかなか働けない方や、メンタルを患った方や、シングルマザーなどの生きづらさを抱えた方は、こちらのフク21に関わるといいと思います。

こちらで悩みを相談したり、交流会で希望が持てる話を聞いたり、就労支援を受けてまた働ける様になったり、シェアハウスで仲間を見つけて暮らしたり、この厳しい時代を元気に生き抜いてもらえたらと思います。

写真は元プロボクサーのチャンピオンで、養護施設で育った平成の明日のジョーと呼ばれる坂本博之さんの半生を漫画化したものです。

私も読みましたが、様々な苦労を乗り越え自分を鍛えていく人生に感動しました。

皆様も読むことをお勧めします。
3月に発刊予定です。
読みたい方は、info@ngofuku21.orgまでメールしてください。

どうぞよろしくお願いします(^_^)










コメント

金融投資家と貧困者がいがみ合わずに、協力するために。

2017-01-27 11:29:54 | 生き方
現代に多い様な、最近亡くなったある金融投資家の方をどう評価するか?が今の日本の実態を明らかにすると思います。

彼は不動産投資や事業で財産を築き、大企業の株を大量に買い、その配当で巨万の富を築いた人物です。
そして自分は資本家として搾取に基づく不労所得を享受した中で、道徳的な訓示を教える教育者でもあります。

彼はお金持ちで、現代社会では「成功者」「勝ち組」かもしれません。多くの人は彼を真似たがるでしょう。
ただ彼の様な不労所得の金満投資家より、社会の庶民でも、汗水垂らして社会にちゃんと貢献して対価をもらい、自らの天分を生かしている人を私は尊敬したいです。

ただ彼の生き方も法律違反はしていないし、一つの生き方として認めます。

私はすべての人の幸福度が高いスウェーデンやデンマークみたいな、平等性を重んじる社会にして所得再分配をしていく必要があると思います。

しかしそれがなかなか政策化されない現代日本なら、いわゆる金融投資家の方達は、社会貢献や寄付をしたり(幸福学から言っても、その方が当人も社会も幸福度が上がります。)、貧困者はお金にゆとりのある支援者やパトロンの様な方を見つけることも必要かと思います。

これも一種のシェアリングエコノミーの姿かと思います。
コメント

私なりの現代社会への思想や生き方のあるべきイノベーションが、中国の方達にも受け入れてもらっています。

2017-01-25 12:18:06 | 生き方
私はSNSのリンクトインを利用しています。

こちらのSNSはFacebookより、ビジネス的な感じです。

そこで私がブログに書いた「現代に必要で皆が幸せになれる、思想や生き方のイノベーション」が、私の書いた他の投稿は鳴かず飛ばずでも、この書き込みは繋がった中国の太陽光発電事業で働く方達からそれなりにいいねをもらっています。

私なりにいろいろ学び逡巡してきた現代にあるべきイノベーションの姿に彼らが賛同してもらえたことは、すごく嬉しいです。

今は中国は世界第二位のGDP大国、太陽光発電事業でも世界NO1の売り上げになっている世界の超大国です。
その中国では、もちろん深刻な大気汚染に悩んでいるし、COP21でも積極的でしたし、環境意識はそれなりに強いと思います。

彼らがただどうも貧困状態から抜けたい、経済大国になりたいという向上心や野心も強く、そういう中であるべきロハスな思想や価値観を持ってもらうことは、すごくこれからの世界に重要なことだと思います。

私はできたら半農半エックスやご当地電力の様な、持続可能なライフスタイルや働き方や、幸福学にある様な必ずしも地位やお金ではない幸せのあり方を、手始めに河口湖で民泊事業をしたり多様な外国の方達などを受け入れたり、中国をはじめ世界に広める様な事業をしたいと考えています。


コメント

仕事と休みと必要な社会への活動とのバランスについて。

2017-01-24 19:58:42 | 生き方
私はアルバイトと自営で過労気味で、対策に四苦八苦してきました。

そこでユダヤの格言で、
「週一日は安息日として休みなさい。」
という言葉を実践しました。

しかしそれでもなかなか疲れが取れず、フッと松下幸之助が言った、
「これからの時代は週休二日だ。1日は勉強、一日は休息だ。」
という言葉を思い出して、昨日は休みといいながら仕事関連の本を読み親戚の方との対応をしていたので、今日は本当に休んで、趣味の本を図書館で借りて読んだりリラックスしています。

このあり方は本当にリフレッシュできて、かなり理にかなってるのではないかと思います。

また最近では、エコなあり方で週三日休む「サンキューデイ」という言葉がありますが、本当はもう一日を社会の課題に取り組む地域活動や市民による自治に当てるべきかとも思います。

寿命研究や幸福学から言っても、人間は勤勉に努力して生きていた方が長生きで幸せらしいです。ただ日本人は働き過ぎで過労死や、そのことで幸福度を下げています。

勤勉な努力と今を楽しむあり方とできたら、必要な社会問題への活動や政治のあり方を考えたり市民による自治との、適切なバランスが現代は必要かと思いそういうあり方を考えたいです。

そしてアルバイトと自営というわりと自由の効く私は、できたら自分からそのあり方を実践したいです。
コメント