エコなニコニコ日記 社会企業エコフェアネットワークのブログ

厳しい時代を生き抜き、よい社会を作るために環境問題や格差問題の代替案である私の事業や参考になるだろう情報を書いています。

また頑張ろうと思えた言葉です。

2016-11-30 03:06:02 | 生き方

夜回り先生の話しにあった不登校児の人が、いわゆるハウツーの理論より、生きる目的の様な美しい精神に触れて、また元気になったかの様にです。

安岡正篤が最澄の言葉を引用して、
「一燈照隅。
(世間の暗闇を嘆くより、片隅でも自らで燈りを灯そう。)

なんで片隅を照らすなど心細いことを言われたのか。大光明を放つとでも言ってもらいたいところです。
しかし自分がおるその場を照らす。これは絶対に必要なことで、またできることだ。真実なことだ。
片隅を照らす!この一燈が万燈になると、万燈照国になる。」
コメント

ハーバード人気No1授業が教える幸せの6つの秘訣。

2016-11-28 21:54:15 | 生き方

ポジティブ心理学における幸せの6つの秘訣。(ハーバード大No1人気授業より)

1自分に人間として生きる許可を与える。自分の恐れ、悲しみ、不安などの感情を受け入れる。

2幸せは、意義と喜びの交差するところに横たわっている。いわゆる一流企業に勤めるなどの出世競争より、意義と喜びと自分の強みを生かせる仕事が自分の天職で、そのあり方を指針に自身の仕事の姿を追求する。

3幸せは、社会的な地位や預金残高などではなく、心の状態に依存している。私たちの幸せのレベルは、私たちが何に焦点を当てるか(コップの水が半分しかないと考えるか、半分もあると考えるか、)および、外側における出来事をどう評価するか(例えば失敗を惨劇として見るか、学習の機会として見るか等など)によって決まります。

4生活を単純にする。忙しすぎることは、自分の幸せを犠牲にします。

5心と体の密接な結びつきを忘れない。

6可能なかぎり頻繁に感謝を表明する。私たちはあまりにもいいものを、あって当たり前と捉えているが、人々や食べ物、自然から微笑みに至る、あらゆるよいものをじっくり味わい、それらに感謝することを忘れないようにしましょう。
コメント

志を遂げて天分を発揮するための指針です。(松下政経塾に学ぶ)

2016-11-28 17:52:08 | 生き方

疲れた時にフッと記録用の手帳を見返して、勇気や励ましや重要なあり方を教えてもらえた言葉達です。

松下政経塾の塾訓や五誓です。

素直な心で衆知を集め、
自習自得で事の本質を極め、
日に新たな生成発展の
道を求めよう。

素志完徹の事、
自主自立の事、
万事研修の事、
先駆開拓の事、
感謝協力の事。

(私はもちろん松下政経塾に通っていたわけではありません。本「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」に書いてあって学んだことです。)

ただ私は松下政経塾の卒塾生の3割の方達が現在何をしているか把握されていないというデータを読んだことがありますが、彼らが例え陽の目の当たらない草の根でも、志に燃えて日々まい進していることを祈ります。

リーダーになる人に知っておいてほしいこと
著 松下幸之助
(こちらの本は松下政経塾の思想などがある程度わかり、数ある松下幸之助さんの本の中でわりとお勧めします。)

コメント

幸せの秘訣とは!?

2016-11-25 09:54:03 | 生き方

今まで私が学んできた幸福学の内容をお伝えすると、幸せのヒントとは、
世間で一般的には常識とされている傾向のある地位やお金の追求や、周りの環境や自分の健康より、
「自己実現と成長」
「つながりと感謝」
「前向きと楽観」
「独立とマイペース」
らしいです。

また別の本の引用ならこちらになります。
「幸せを増進する十二の活動」

1 感謝の気持ちを表す
2 楽観的になる
3 考えすぎない、他人と比較しない
4 親切にする
5 人間関係を育てる
6 ストレスや悩みに対抗策を練る
7 人を許す
8 熱中できる活動を増やす
9 人生の喜びを深く味わう
10 目標達成に全力を尽くす
11 内面的なものを大切にする
12 身体を大切にするー瞑想と運動

皆様の生きにくさが改善されて、幸福を感じて生きる参考になれば嬉しいです。
コメント

「現代社会に必要で、皆が幸せになれる思想、生き方のイノベーションのあり方について。」(新たな改良版です。)

2016-11-13 17:14:24 | 生き方

私が今日どう生きるべきか逡巡して、現代社会はトランプ現象など資本主義の行き過ぎた競争社会の弊害に悩む時代だと思います。
そこで今のところ、これからの時代に必要で、すべての人が幸福感を持って、全員が自分の人生で成功できうる思想や生き方だと考えるあり方について、お伝えさせてもらいます。

よかったら読んでもらって、何か皆様の生きるヒントやプラスになれたなら嬉しいです。

内容は一般的に重視される、環境問題や格差問題などを引き起こしやすい、経済的、物質的な豊かさや社会的な成功の追求よりも、
「一灯照隅」(世間の暗闇を嘆くより、片隅でもいいから自らで明かりを灯そう。)

「世界に変革を望むなら、自らがその変化になれ。」
いう、自分自身のあり方から始めて社会変革を志す価値観、生き方を根本に持つことが重要と思います。

しかしこれらは必ずしも地位やお金などを追うわけではないので、どこか物足りなさを感じやすいかもと思います。

しかしそれを満たすものとして、幸福学を学びそれらでは、お金や地位財を追うよりもっと重要なこととされる、心的な豊かさのあり方などがあります。

その内容である、「自己実現と成長」(地球上の人類、70億人が70億通りのやり方で、小さくてもいいから自分らしさを見つけ、その70億分の1の個性を活かして、社会の中で自分らしく生きていくようなあり方)、「つながりと感謝」、「前向きと楽観」、「独立とマイペース」、それとポジティブ心理学でいう「美徳と強みを磨く」などの、幸せのヒントをこころがけて、幸福を感じられることもすごく大切と思います。
(一説には幸福感は遺伝の気質により60%位はある程度は決まってしまうらしいですが、残りの40%は自分でコントロールできるらしいです。)

そして日常の具体的な方法論として、

松下幸之助がいう「素直な心」
(私心にとらわれず、実相をあるがままに把握すると道理が見えて、何が正しく何をなすべきか見えてくる。)

「我思う故に我あり。」
(宗教や権威に盲従するのではなく、自らが科学的に妥当と考えたこと以外は、真とは認めない。)
「99.9%は仮説」
(固定概念や社会通念や常識に縛られず、自ら合理的に柔軟に物事を考えよう。)

「道徳と感情のバランスを取る理性を磨く。」
心理学のレジリエンス力(回復力、復活力)を学ぶ。

トータル的には、
「人間としての成功とは、地位やお金というより、自らの天分(個性、適性、能力など)を生かしきることだ。」

という思想や生き方のあり方かと、一生勉強、一生求道者を目指している私としては、現状はこう思います。

今回新しく、世直し業に生きる代償として生じがちな、物質的な欠乏感を満たす概念やあり方として、幸福学を取り入れて精神的な幸福を感じていくことが、私には今までにない気づきだと思います。

皆様の今後の人生に何か参考になれば幸いです。
コメント

現代日本に必要な生き方、価値観の転換について。

2016-11-07 01:58:41 | 生き方



現代日本に必要な生き方、価値観の転換について。
このままでは免れないだろう危機を乗り越え、あるべき希望の持てる未来を作るために。

彫刻家のオーギュスト ロダンの言葉。

「真実であれ、若き人々よ。深く、恐ろしく真実を語るものであれ。
自分の感じることを表現するに決してためらうな。
おそらく最初君たちは了解されまい。
けれどもひとりぼっちであることを恐れるな。
友はやがて君たちのところに来る。」

現代日本の環境の国際会議パリ協定からの離脱、原発の危険性の忘却、
安倍政権におもねる偏向メディア、
経済一辺倒で犠牲になる環境、人権、未来、国の財政、
そういう政治を、「強さ」のイメージや目先の経済ばかりで支持する国民の精神的な堕落。

私は突き詰めれば、現行のアメリカ型の競争社会で勝ち組になるための教育から、もっとヨーロッパみたいな地球市民意識の様な、自ら世界にあるべき変革を起こす教育に変えていく必要性が高いと思います。

そうしないと、人類のエゴイズムと競争から来る、受益者市民意識による民主主義とマネー資本主義の弊害などで、温暖化や金融資本主義の弊害の格差から来るナショナリズムの台頭による戦争の危険性で、(現代なら核戦争のリスクもありえる。)地球が滅ぶ可能性が現実的に高いのではないかと危惧します。

それを回避してあるべき希望を持てる未来を作るには、現代日本社会に一般的な、偏差値の高い大学に行き、大企業に就職したりお金持ちになり、競争社会で勝者になる、ある意味「自分さえよければ社会のことは知ったことではない」という様なエゴイズムな保身的な生き方より、

教育家の安岡正篤が言う、
「一灯照隅。(世間の暗闇を嘆くより、片隅でもいいから自らで明かりを灯そう。」

ガンジーが言う、
「世界に変革を望むなら、自らがその変化になれ。」

心理学や幸福学でいう、
「経済や地位や物質的な豊かさの競争から、精神的な豊かさや、自己実現としての成長や、各自が自分らしく生きられる多様な生き方に寛容になる。」

という価値観、生き方の姿勢への変化、転換が必要と真摯に思います。
コメント

無料で動画公開!9月22日高坂勝さんも講演、自分らしく社会に貢献して明かりを灯す勉強会!

2016-10-21 15:10:38 | 勉強会
このイベントの詳細はこちらのブログの記事にあります。

Youtubeで一遍10分位で編集されています。
興味あるところだけでもお気軽に観て頂けたら幸いです。

現代の温暖化を引き起こざない、原発に依存しない、格差社会を乗り越えていく、生き方や働き方や社会のヒントがあると思います。
よろしくお願いします。


1 代表小林挨拶 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

2 髙坂勝氏講演その1 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

3 髙坂勝氏講演その2 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

4 小林史晃氏講演 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

5 渡辺ビタミン和子氏講演 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

6 大田謙太郎氏講演 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

7 四者対談その1 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

8 四者対談その2 自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ 20160922

160813 幸せのあり方 里山資本主義勉強会
(約18分)
内容。
心理学に基づく幸せのあり方について。
幸せの四つのクローバー(因子)とは?
人が長生き(幸福感にもリンク)できるあり方とは?
コメント

本当に危ない温暖化と、少なくとも必要なデカップリング経済について。

2016-09-07 21:06:38 | エコの情報

私が通うご当地電力を学ぶ飯田自然エネルギー大学で、「電力自由化」という本を書いた南都留大学教授の高橋洋先生に教えて頂いた学びをもとに、私が多少新聞などで学んだことを加えた、すごく重要な情報です。

我田引水でなく、客観的に科学的に見て温暖化は皆が考えている以上に深刻な問題です。石油、石炭などの枯渇燃料は、いつなくなるかははっきりしなくても、そこまで遠くないだろう未来に確実になくなります。

また枯渇燃料によるco2排出は温暖化を引き起こし、世界で非常に大きなダメージを生みます。それなのに炭素税も排出権取引もないのは、先進国で日本だけです。
先進国で日本だけ価格にco2の排出値段が含まれず、co2たれ流し状態で、本当はもっと必要な省エネや新エネルギーの普及がかなり遅れています。

ドイツやスウェーデンは、少なくとも不可避なデカップリング経済という、co2を削減しながら経済は成長するあり方(原発頼みではなく省エネや自然エネルギーなどで。)をある程度ちゃんと実現しています。

このまま世界が今までのあり方の経済成長とco2の増加を、ほぼ比例させていくと、世界は非常に危ない状況になります。

私達が変える必要が強くあります。
皆様も脱原発だけでなく、温暖化の脅威も学びましょう。
もちろん原発の脅威は世界も認識は同じですが、温暖化は枯渇燃料はいつか確実になくなり、経済成長と共に、気候変動による水位上昇や異常な気象や食料へのダメージや、疫病の増加などとんでもないしっぺ返しが来ることは、かなりの可能性で高いです。
世界はむしろ温暖化対策で動いています。

もちろん脱原発もですが、皆様がもっと気がついて、生き方、経済、社会を変えていきましょう。諸外国の様に。

ちなみに自然エネルギーの世界の一番の大国はどこだと思いますか?
ヨーロッパ?アメリカ?いえ、お隣りの中国です。
世界は確実に日々変わっています。
日本も少しずつでも、もっと問題に向き合い変わりましょう。
コメント (2)

高坂勝さんも講演!自分らしく世の中に貢献して希望を生むためのワークショップ。

2016-08-30 20:46:52 | エコのイベント
激動の大変な時代に、自ら明かりを灯すために!

「GDP600兆円!」という勇ましい言葉とは裏腹に、
昨今の実際は金融頼みで、マイナス成長か0,5%の経済成長率かという、あまり効果が見えない様なアベノミクスの是非、
原発の再稼働、温暖化、
格差、少子高齢化、超高齢社会の到来、
1000兆円の国の借金、
「空気を読む」様な同調圧力のある社会の風潮、
etc…

このような前途多難な現代日本の混迷する社会の中で、
各自は一市民でありながら希望を生む様な、
自らで周りや社会に明かりを灯す様な、生き方や仕事や活動している方達も世に多くいます。

その様な自分らしい価値観やライフスタイルを探求して、
模索しながら実践している四者による講演と、
参加者の方達が、この様な時代の変化を把握しながら、各自の才や天分を地域や世に生かして、明かりや希望になれる様なあり方を探るワークショップを開催します。

またあなたにとって幸せとは何ですか?
仕事で成果を出すことですか?お金を稼ぐことですか?それとも家族や友人と豊かな時間を過ごすことですか?

仕事・お金・家族・友人とそれぞれとても大切なものです!
しかしどこかに集中しすぎてバランスを欠くことも往々にしてあります。
本当は仕事で頑張って収入を増やし、家族を幸せにしようと思っていたにも関わらず、気が付けば仕事に追われ、大切な家族との時間や気配りが出来ない状況になっていた。
このような方は昨今の日本ではとても多いのでは無いでしょうか?

今まさに激動の時代であり、日本でも働き方や生き方を見直す時期に来ています。
大企業に勤めていても、会社が買収されたり倒産するのが当たり前となり、終身雇用の考えはもろくも崩れ去っています。

また近年は心理学などで「幸福学」という、科学的に普遍的な幸せのあり方やヒントを探る研究が進んでいて、その内容などもお伝えして、皆様が幸福になれるだろうあり方も考えていきます。

そして今回、四者による様々なあり方、考え方、働き方を講演会としてお伝えさせて頂き、皆さまとシェアしていきます。

さらにワークショップでは過去の卸しから現在の状況、そして今後の望む人生について考えを書き出すことにより気付きを深めます。
ぜひこの会がご自身にとって、これからどう生きるのか?の参考になる考え方や今後の人生にとって理想や希望を生むライフスタイルを実践しはじめるきっかけとなれば幸いです。

ワークショップでは自身の棚卸し、得意なこと、好きなこと、やりたかったことなどをもう一度見直し、バランスの取れた生活とは何なのかを感じながら書き出し、毎日の意識と行動を創る機会にして頂きたいと思います。

では皆さまにお会いできることを楽しみにしています。

※今回のイベントは20名限定として、それぞれがじっくりと自分と向き合いながら今後の人生を創る機会として少人数で開催させて頂きます。お席が無くなることが予想されますのでピンと来た方は、早めのお申し込みをお勧めします。

お申し込みは下記のいずれかでお願いします。
FBイベントページ参加ボタン・Peatix・または小林のメールアドレスnobu1980@gmail.comまでご連絡下さい。

9月22日(木)秋分の日
13時から17時まで講演およびワークショップ。
17時から19時まで交流会。(任意)

参加費 講演とワークショップ 2000円。
    交流会     2000円。

場所 社団法人スペースレピア会議室。
渋谷区代々木2-23-1ニューステートメナー337
(JR「新宿駅」南口&新南口5分、JR「代々木駅」6分、小田急線「南新宿駅」3分)

どなたでも20名までは参加できるので、お気軽にご参加ください。

講演者。

ダウンシフターとして今の時代に問題提起し続けている「髙坂勝 氏」。
半農半Xの実践者として、池袋のオーガニックバー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」の店主としてこだわりの料理を出しギターを弾いたりと大好きなことを生業としながら、
千葉県匝瑳市で米と大豆の自給をし数々の移住者のサポートをしています。
ブログでもシャープな切り口でメッセージを世の中に発信しています。

エコブログ たまにはTSUKIでも眺めましょ「髙坂勝」

スペースレピア代表 「渡辺和子氏」(ビタミン和子氏)
子供時代に母親が変わり、虐待を受け、自分は何のためにこの世に生まれたのか?考え続けました。
貧しさや国籍などから、いじめや差別に合う友達に心を痛め、親と子、国と民族、 貧富、戦争と平和の関係を追求していきました。。
育児中に通信教育で教員免許を取得し、採用試験に合格。15年間教員生活 を経て、限界を感じ退職。
大学、大学院、ワークショップなどで心理学を学び、自身の暗い性格が明るい性格ヘ一変!
その経験から心理カウンセラーとして東京・新潟に事務所を設立。
熱海断食道場にてスタッフも務め、半断食や指導方法も学びました。
今は、命・健康・人のつながり・地球環境や平和を守り、創造するビジョンを追求して、
社団法人命・地球・平和産業協会を設立。理事兼事務局長です。
「和子さんと話していると元気が湧く!」から、 ビタミン和子さんと呼ばれています。

社団法人命・地球・平和産業協会(スペースレピア)

社会企業エコフェアネットワーク代表「小林史晃 氏」。
大学時代に環境問題や南北問題などを学びそこに志を立てて、その後主体的市民育成の私塾の一新塾で学んだ後、エコフェアネットワークを立ち上げました。
東京の四ツ谷にある自由と生存の家で、なかなか働けない人達の中間就労の場である野菜市を企画運営しながら、東京都稲城市では若者へ農作業を通じた就労支援や環境教育の機会を提供。
昨年からは山梨に移住して限界集落で太陽光発電の建設や有機農業を営む会社で働きました。
現在は同じ山梨県河口湖を起点に有機農業をしながら、環境問題や働き方の勉強会を開催して、ご当地電力の学校に通いながら、自然エネルギーなどによる地域活性化を模索しています。
今回のイベントの発起人でもあります。

社会企業エコフェアネットワーク

サーファーマー&ハッピーフローナビゲータの「大田謙太郎 氏」。
自分らしく生きるための働き方やライフスタイルの創造をライフワークとして、自然に触れるイベントを開催しています。
海が好きなこともあり、湘南茅ヶ崎でサーフィンしたかったがキッカケの無かった人への体験会や浜辺でデトックスイベントを開きながら様々な人の繋がりを創っています。
鎌倉では在来種「鎌倉だいこん」を色んな世代の方と育てることで食育や生命のつながりの場を創り、「umind.jp」で発信しています。

ウミンドドットジェイピー


どうぞよろしくお願いいたします。
コメント

里山資本主義学習会の動画を無料で公開します!

2016-08-28 07:06:18 | 勉強会
8月13日に山梨県富士河口湖町の公民館で行った「里山資本主義」学習会(現代の社会に求められて、皆が幸せになれる姿を求めて)のイベントの動画を無料で公開します。(部分ごとに短く編集されています。)

全部でなくても、ご関心あるところだけでも観て頂けたら幸いです。
内容は現代社会に共有されるべき重要な情報で、皆が幸せになれうる、これからの時代に必要なコンテンツだと思います。

イベントの概要

160813 1小林自己紹介 里山資本主義勉強会(約5分)

内容。
イベントの予定について。
富士河口湖エコ研究会について。
講演者 社会企業エコフェアネットワーク代表 小林 史晃の自己紹介。


160813 2現代社会の現状 里山資本主義勉強会
(約11分)

内容。
現代社会の現状について。
グローバル化の進行とその明暗。
日本の状況。


160813 3対策、解決策 里山資本主義勉強会(18分)

内容。
それらの問題への対策、解決策。
これからの時代に求められる生き方。
具体的なあり方。
半農半Xやダウンシフターな生き方。
全国の具体的な活動例。
これから河口湖でしていきたい活動、事業。


160813 4幸せのあり方 里山資本主義勉強会
(約18分)

内容。
心理学に基づく幸せのあり方について。
幸せの四つのクローバー(因子)とは?
人が長生き(幸福感にもリンク)できるあり方とは?

ライフバランスワークショップ講師大田挨拶 里山資本主義勉強会(約5分)

内容。
社会企業 海心人(umind)代表
大田 謙太郎さんによるワークショップの説明。

この勉強会の内容と合わせて、9月22日に東京の新宿で、
「激動の大変な時代に自らで明かりを灯す!
高坂勝さんも講演!自分らしく世の中に貢献して希望を生むワークショップ。」
という内容で限定20名でイベントも行います。

皆様どうぞよろしくお願いいたします(^_^)


コメント