Lele de bea Blog

Lele de beaレレデビーのブログ
http://lele-de-bea.jimdo.com/

JA下関「お米品評会」ライブでした

2013-12-07 | ライブ後日談

こんにちは!

JA下関主催の「お米品評会」に音楽演奏と福島県天栄村の取組の話をすることを依頼され、11/29に日帰りの強行軍で行って来ました。


始発の宇部空港行きに乗り、10:30にはJA下関へつきました。



お電話で何度となく打ち合わせをした職員の皆さんが迎えてくださり、その後すぐにトップの組合長さん、代表理事さん、営農部長さんに呼ばれて、ずいぶん歓談しました。



会場に行ってセッティングして音出ししているところです。
後ろの「お米は日本の宝もの」にはびっくり!

 




お昼はふぐ刺しをご馳走なりました^_^






品評会会場は広いホールでした。120-130名くらいの人がいたと思います。

 




品評会は13:30から始まり下関市長始め来賓ご挨拶、審査員紹介のあと、14:10から鑑定でしたが、14:20-15:00くらいまで時間を頂きました。


曲の合間に福島天栄村の話をさせてもらいました。

原発事故の後のことが主ですが

⚪︎放射性物質が降った田んぼで、どうやって安全な米が出来るのか

⚪︎農家の方がどのような対策をして放射性物質の含まれない農作物を作っているのか

⚪︎放射性物質はいまどこにあるのか

⚪︎福島の農家さんの気持ち

拙い説明でしたが、みなさん真剣に聞いてくださりました。


福島の農作物をすぐに食べるかどうかはさておき、「福島の農作物が安全安心と言っているのはこういうことなんだ」と、天栄村の農家さんの大変な戦いあっての安全なんだ、と理解してくださったと思います。


お米の音楽演奏(白いご飯を食べましょう、お米は日本の宝もの、お米百面相)は天栄村でのときと同様、たいへんに盛り上げていただきました^_^


品評会は、全国的に高温障害が多く出て下関米もその傾向があったそうで、特にコシヒカリに影響が出て、今年は収穫のやや遅いヒノヒカリという品種が品評会の8割を占めていました。

自分もすべての下関米を試食しましたが、普段食べている福島始め関東東北の米に比べ、淡さのある繊細なご飯でとても美味しいお米でしたよ。

下関の学校給食に下関米を使う計画が進んでいるそうで、ぜひ実現してほしいお話です。



JA下関のみなさんには本当に良くして頂きました。
また伺える機会があることを心より祈るばかりです。
すっかり下関が好きになりました。

ありがとうございました☆

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12/8 大和ウィンターフェア2013 | トップ | 「照!」ライブin海老名 Cou... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。