時々更新

日々雑感

転載: エボラ熱、水際対策強化=流入阻止困難も―厚労省

2017-05-05 22:35:10 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog  

エボラ熱、水際対策強化=流入阻止困難も―厚労省                     作成日時 : 2014/10/28 11:32        

http://rkblog3.html.xdomain.jp/201410/article_225.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」

 

 

エボラ空騒ぎで国民の関心が薄れるのを恐れたユダヤ裏社会が、電通経由で時事通信に「もう一度エボラ禍を煽れ」と命令。

時事通信が「エボラは必ず日本に入ってくる」と恫喝記事。

国民の皆さん、ユダヤ金融テロリストは、日本人にエボラでビビって欲しいそうです。

では、ユダ金のご期待に応えて。

皆の衆、ご唱和を!

「こわいよー」


エボラ熱、水際対策強化=流入阻止困難も―厚労省

時事通信 10月28日(火)9時36分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000030-jij-soci

結果的にエボラ出血熱のウイルスは検出されなかったが、今回発熱を訴えた男性は、羽田空港の検疫所で自らリベリアへの滞在歴を申告したことから、早期に検査実施などの対応が取れた。ただ、厚生労働省は水際での阻止を最優先に対策を講じているが、すべての流入を阻止するのは困難なのが実情だ。

厚労省によると、各検疫所では8月以降、流行国からの乗り継ぎ便に注意し、サーモグラフィーで入国者の体温を測定。ギニア、リベリア、シエラレオネ、コンゴに滞在していた場合には申告するよう呼び掛けている。

38度以上の発熱などの症状があり、潜伏期間の21日以内に患者の体液などへの接触歴があれば、検疫法に基づき隔離措置が可能。接触歴がなくても、コンゴを除く3カ国の滞在者には21日間、体温や健康状態を毎日2回報告するよう義務付けている。

さらに今月24日からは、法務省入国管理局と協力し、入国審査の際に全員の滞在歴を確認。9カ国語のボードを提示し、3カ国の滞在者には検疫所に申告したかどうかを尋ねている。

しかし、入国者は全国の空港で年約2800万人に上り、全員の滞在歴を細かくチェックするのは困難だ。自覚症状がない感染者は、検疫で時間が取られるのを嫌がり、入国審査で虚偽の回答をする可能性もある。

塩崎恭久厚労相は会見で、「国内に入り込むのを防止するのが第一。できる限り対策を講じ、リスクを減らしたい」と強調していた。



 

 

--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------

 


 


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転載: 超短編小説「猫角家... | トップ | 転載: 2014.9.14B... »
最近の画像もっと見る

情報拡散希望」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。